足に合った靴を履くと、気持ちよく生活できますよ!そのお手伝いをさせていただきます。 | 蒲郡で靴屋の3代目をやっている大丸靴店、大桑正弘のブログ

蒲郡で靴屋の3代目をやっている大丸靴店、大桑正弘のブログ

49歳の靴屋の3代目です。
靴屋の日常から仕事のことなどをブログにしてます。

こんにちは大桑です。
久しぶりのブログになりました。

ご報告が遅くなりましたが、約1年間勉強した、バチェラー(上級)シューフィッターの試験に合格しました。
たくさんの方々に応援していただき合格することが出来ました。
心から感謝いたします。

ここ数年、特に去年の5月から足と靴の勉強や見学をさせていただきながら、お店でもお客様のお足を触らせていただくことが増えました。
足の裏の何処に圧力がかかっているか?
足の形や骨格の状態(外反母趾などの変形)が分かるフットプリントをお採りします。

お足を触らせていただくことにより、タコや魚の目、筋肉の緊張や靭帯の緩み、外反母趾や扁平足による足の骨格の変形、足の色や温度、爪の状態など、直接手で触らせていただきます。

お客様の足や靴のことで、今まで見えなかったことが少しずつ見えてきました。
それで感じることは、
ご自分の足のこと🦶🦵をご存知でない方が多いです。
モニターに協力してもらった母の足です

❌幅が広くて、軽くて、柔らかい靴が良い靴、立ったまま簡単に履ける靴が履きやすくて良い靴と思ってらっしゃる方が以外と多い。
❌靴のかかとを踏んでしまい、靴のかかとの大切さをご存知じでない。
靴のかかとにはカウンター芯といって人間の踵の骨を包んで支えてくれる大切な芯が入っています。

❌出先で足が痛くなると、靴ひもを緩めて履いた方が痛くならない
などなど、勘違いされている方が多いと思います。
靴ひもを緩めると靴の中で足が滑って不安定になり靴擦れや痛みの原因になります。

例えば、江戸時代の人間の寿命は50歳ぐらいでした。
今は、栄養が良いのと医療が進んでいるのでご存知の通り80歳ぐらいです。

しかし、骨や関節の寿命は江戸時代と変わらない50歳のままだそうです。
だから、関節に負担がかかり膝🦵や腰が痛くなったり、転んでしまうと骨密度が下がっているため骨折しやすくなります。

寿命が伸びた分負担のかかる体を守るためにも、体の土台となる足の健康が大切になってきます。

その足を守るための靴を販売する靴屋の店長として上級シューフィッターとして「足に合った靴の大切さ」「靴を正しく履くことの大切さ」をお伝えしていかなければと思います。

ご自分の足のこと(個性)を知っていただき
どんな靴がお足に合うか、お伝えしアドバイスさせていただいたり

変形してしまった足や膝を支えるための、正しい靴の履き方をお伝えしたり、足や用途に合った靴をオススメしたりしたり


去年の9月からは、靴に入れるだけでご自分の体重がかかることにより、足🦶の骨格の配列を整え、脚🦵の配列も整えてくれる、ドイツ🇩🇪製のオーダーメードインソール"ファイバープロインソール"も外反母趾や扁平足、土踏まずが高いハイアーチ、関節リウマチなどで足や膝などにお悩みがある方、仕事で沢山歩かれる方や重たい荷物を運んでいる方に喜んでいただいています

足の測定を含め約30分程でお作りできるので、スーパーさんの買い物の前にお寄りいただき買い物帰りにフィッティングしてお渡しさせていただくお客様も多いです。


まだまだ未熟者ですが、今できることでお客様のお役に立てればと思います。

お悩みのある方のご相談や足型測定をなるべく丁寧にやらせていただこうと思います。
それにより、スタッフが少ない夕方や、土曜日、日曜日の昼間などはお客様にお待ちいただく場合があります。
ご了承の程よろしくお願い致します。

続々と春の新作シューズやバッグも入荷しております。
是非、お立ち寄り下さいませ^_^


まずは、ご自分の足を知っていただくこと
ご自分のの足や用途に合った靴を選んでいただくこと
そして、座って靴の脱ぎ履きをしていただくこと、が大切だと思います。


シューズ&バッグ大丸蒲郡店

店長 大桑

バチェラー(上級)シューフィッター  o.7596

蒲郡市八百富町7-34

(サンヨネ蒲郡店内)

蒲郡駅から東に徒歩10

0533-68-0186

(お問い合わせは店長大桑まで、火曜日はお休み頂いています。不在の時は折り返し電話します)

am 10時からpm7(日曜930分から)

年中無休