昨日は久しぶりに疲れがMAXになって
帰ってご飯食べたままウトウト……

目が開いたのが0時過ぎオ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛ーーーーーー!!!!

今日も日勤だと言うのに
なんてこった!!!!

ってことで更新せずに慌てて片付けして寝た次第で(涙)

2日間師長代理だったもんで
精神的にどっと疲れたんでしょうねʅ(´⊙ω⊙`)ʃ
疲れが取れないお年頃だもんで(笑)


というわけで、今日はご飯食べたら横にならずに更新しよう。



真夜中の嵐……

ニノちゃんの冒険。


いい情報を得て再び走り出したニノちゃんは
あの灯りなんだろう
ようやく灯りを見つける✨

灯りの着いた建物に着く
すみませーん、夜分遅くすみません……
刀とかってありますかね?
やはり唐突である(笑)
「刀!?」
そりゃ驚くだろうよ。夜中ですよ?
金髪の若者が刀を探して夜中に訪問するなんて
普通考えておかしすぎる……

刀を探して……こんな時間になっちゃったんですけど……
「……」
いやこれが結構ガタイのいい迫力あるおじさんが出て来るわけですよ……結構怖そうな……
で、しばし沈黙ですよ……

こえーわ

で、ちょっとご機嫌も悪そうで
ここは何とかしっかり説明しなくては!!

侍魂を探求したいと思いまして
そうよ、ニノちゃん、頑張れ〜✨

が、しかし

「侍魂なんて、あるもんか!!」

ダメか……不安げなニノちゃんと
ワイプでは潤ちゃんも同じく不安げに見つめる

実は昔と違って、近所迷惑になるので
刀鍛冶は真夜中は作業をしないようになっているらしい……時代は変わった……

そして、このおじさんの仕事は……

ここは何を作ってらっしゃるんですか?

「焼き物……備前焼」

ほぉぉおおお〜備前焼!!!

なんだか……非常に面白そう✨✨✨

なんて思ってたら
おや?

何故か猫と一緒に工房に入ろうとするニノちゃん(笑)
潤……ツボるの巻(笑)

「おん?何しとん?」
お邪魔します……

そうそうそういうとこよ。
ニノちゃんは不思議と相手の懐にスルーっと入っていける✨そういうイメージ✨

今、自転車で旅をしていて……

「ほーーーーーーーーー……」

なんだかんだ言いながら結局工房に入り込む。

そこで言ってみる
すみません……僕に作れるもの……ここにありますか?

でもそんな簡単なものじゃない

「無いな」

ちっちゃいものでもなんでもいいんですけど……

「ちょっと甘いわ」

ですよ……ねぇ(涙)

取り付く島もない(涙)

だが、そこで諦める二宮和也ではないっ!!!
実はこう見えてなかなか彼は粘り強いのよ
そしてさっきも言ったように
彼は自然と相手の懐に入っていくんだから

こってますね……
「上手いなぁ……うちの子供でも揉んだことないのになぁ……」
さすが!!!!人たらしーーーーーー!!!!いい意味で!!!
さっきまですぐにでも追い出されそうだったのに
あっという間におじさんを笑顔にしている✨

「掃除と……そうやな、わり木でも運んでもらおうか?」
そう簡単にパパっとなにかを作らせてはもらえないが、お仕事をくれた〜♪

仰せつかったお仕事は、釜の掃除。
これがすごい大きな釜である。

ま、パパっと掃除してすぐさま備前焼に取り掛かろう♪

ところが
かたっ!!!
実はこれはツボを焼いた土台になってるもので、毎回焼き上げるとこの足が残る
それを1個1個削って取っていく

大変だ……この仕事
地味で根気のいる仕事
もう疲れちゃったかな〜と思ったら

こういう仕事しようかな

気に入っている(笑)

なんとやってみたら結構楽しいらしい✨

楽しげに♪集中してやること1時間
綺麗に片付いた✨

続いてまき運び


どんどん運ぶ

ラスト〜✨

掃除とまき運びを終えて師匠に終了を伝えに行くと
「よしっ!」

「何か作るか!」

やったーーーーーー!!!!
ニノちゃん✨

「皿つくるんやからな」

皿!?
実は初のろくろ体験かと期待していたニノちゃんだったが……

オーマイラー♪マイダーリン♪
これはゴースト(笑)

初心者は皿からだそうで
まずは粘土を捏ねます



捏ねて作るんなら簡単そう♪



果たして……そんな簡単に

備前焼の皿が……出来るのだろうか









いつも応援ありがとうございます💜

今日もひとつ、
ポチポチっとお願いしますm(_ _)m

←ココと

PVアクセスランキング にほんブログ村←ココ