大光寺ブログ

こんにちは。私は、この素晴らしい地球の星、東京新宿歌舞伎町の大きな光、           「大光寺 住職 正印 彗惺」です。私達の未来が、元気で生き生き明るくなるように、        このブログを通してメッセージを送ります。


テーマ:

「①王の中の王 聖人の中の聖」の続き


父の浄飯王はこの話を聞いて、四大門を開け放ち、宮殿の中

すべての財宝を、貧民、乞食に布施して、監獄に閉じ込め

られたすべての罪人の罪の軽重を尋ねないで全員釈放し、

また鳥や獣に至るまで自由を与える勅令を発布しました。

道々では明るい灯をつけて、太子の誕生を祝福するので、

この日、天国三十三千世界はすべて瑞相が現れ、この

一大事因縁を賛嘆しました。蓮の花の花びらが舞い上がり、

人々の体に張り付いて美しく鳴り響く神秘な音楽の音は、

全身をほほえましくしました。



太陽と月は、終始一貫して、その光をさらに明るくさせ、

清らかな水は掘らなくても、自然に大地に湧き上がり、

天国の音楽は、ルンビニ丘に雲のように集まり、時期でも

ないのに、木の枝では花を咲かせ、悪たちは、一斉に

慈悲心を出して、人殺しや泥棒たちなど悪人は、一瞬にして

いなくなり、世界の悪い風習すべてが、消滅しました。

汚い黄金はきれいになり、黒い雲は散り散りなり、空には

一つの雲もなく、天楽は自然に泣いて、三十三千大千世界に

必ず同じ声で大救世主(世界すべての人々を救済する

主人公)の誕生を賛美しました。




天上天下無如佛 十方世界亦無比

世間所有我盡見 一切無有如佛子



天の上でも天の下でも仏陀様のようなことはない
十方のすべての世界でも、また比べることがない



世間にあるすべてのことは、私が見ても、すべてお釈迦様の

ような方はいない。このような奇跡はすべて、お釈迦様の

徳を、賛嘆したのです。それなのに、世界では、良いことと

悪いことが代わる代わる現れるので、太子の誕生で

十方世界が喜びに満ち溢れていたのに、長く続かず、母の

摩耶夫人が亡くなってしまうので、父王は、実に太子の

将来のために憂うことになるでしょう。それなので、

修行林の中で勉強している仙人を選んで、太子の人相をみる

ようにお願いしました。そして、仙人は太子をしばらくの間

眺めてみましたが、



「大王様よ、太子のことで驚かないでください。人が世界に

生まれて、子供が優秀なことほど嬉しいことはないです。

もう聖運は、言葉と同じように円満ではいました。太子の

人相は三十二相、八十種好を整えています。成長して、

国王になれば、轉輪聖王になって世界を平和に治める

ことよ。万一、教えのため、出家すれば、必ずこの上ない

悟りを得て、三界の衆生を済度するのです。」

と言いました。王は、一方では嬉しく思い、もう一方では、

不安感がなくなりませんでした。轉輪聖王になって世界を

平定することができることは、喜ばしいことなのに、万が一

出家してしまえば、王の後継者がなくなるためでした。




その時、カピラ城の近くにアシタ仙人がいたので、彼は、

一回、人の人相を見れば、三界の吉凶を判断して、はずれる

ことがないのでした。アシタ仙人は、彼の叡智で、もう

太子の将来をよくわかっていたので、すぐに大王の前に

進んで悲しげに涙を流しました。

浄飯王は、大きく驚き、理由を聞きました。

「仙人よ、私の太子に何か良くない相があるのか?」

「ありません。」




「大王様、王子こそ人間界と天国、動物、餓鬼、地獄の

三界に比べることのできない円満な福徳の相なのです。

多くの峰の中でも須弥山(スミサン)が王のように、衆賓が

どうして金にあって、衆がどうして海を照らすことになる

でしょうか?様々な星は月を最上にして、あらゆる光は

太陽を最上にするように、今、王子の相好は、これと同じ

です。それなので、見てみると世の中に留まっていれば、

轉輪聖王になる相好なのです。




万が一、出家して、無上等正覚を成し遂げて、万世の

すべての衆生を済度する大導師になります。五欲で執着し、

世俗の楽しみをわからない人、衆苦に苦しめられて、達道の

意味を分からない人、愚かな考えで、智慧の光と出会う

ことができない人、このような十方世界で苦しくて辛い

衆生が、ただ王子の力によって、輪廻転生の苦痛を抜け出す

ことになります。どうしてこんなに尊く、神々しい相好なの

でしょうか?考えれば、私は年老いたので、この王子の

正道を見ることができずに死ぬことになるのを悲しんでいる

のです。」

そう言い、すぐ名前を悉達多と名付けてくれました。




シッダールタという名の意味は、すべてを成し遂げるという

意味です。その通り、シッダールタ王子は、アシタ仙人の

お言葉と同じように早く出家して、無上等正覚を得て、

如来、應供、正遍智、明行足、善逝、世間解、調御丈夫、

天人師、佛、世尊など、十種類の名を揃えた大導師になった

ので、どうして神々しくて、尊くないのでしょうか?

神々しくて尊いのです。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大光寺(ダイコウジ) 金慧惺(キムヘソン)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。