ぎっくり腰は冷やすの?温めるの? | 手術が必要と言われた椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症も改善する【腰痛治療のスペシャリスト】楠本大貴

手術が必要と言われた椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症も改善する【腰痛治療のスペシャリスト】楠本大貴

楠本整骨針灸院・くすもとフットケア整体院 院長 楠本大貴のブログです。少しでも皆様の役に立つ情報を日々更新しております。


テーマ:

 

 

今日は「ぎっくり腰になってしまったときにどうするか」についてお話をしようと思います。

 

意外と皆さん間違った対処法をとってしまっている方も多いので、注意が必要です。

 

今のような季節の変わり目にはぎっくり腰になる方が多くなります。

では、実際になってしまったらあなたならどうしますか?。


 

冷やしますか?

温めますか?

 

程度にもよりますが、明らかに「ギクッ」とした瞬間があり、それ以降動けなくなってしまった。

 

ここまでいってしまった方は100%冷やしてください

 

話が少ししそれますが、足を捻挫したときに温めませんよね?

足首が炎症を起こしているので、熱を持ってきます。

これを鎮めるためにアイシングを行っています。

 

ぎっくり腰もこれと同様。

要するに、腰で捻挫が起こっているようなものです。

だから冷やすんです。

意外と、温めてしまう方が多いです。

そして悪化させてしまいます。

 

動けないような状態のときに、間違っても温めるのはダメです。

基本的にはアイシングをしましょう。

特に2~3日まではアイシングです。

 

楠本整骨針灸院ホームページ

くすもとフットケア整体院ホームページ

 

 

楠本大貴さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス