【腰痛で病院に行くと手術といわれたあなたへ】 | 手術が必要と言われた椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症も改善する【腰痛治療のスペシャリスト】楠本大貴

手術が必要と言われた椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症も改善する【腰痛治療のスペシャリスト】楠本大貴

楠本整骨針灸院・くすもとフットケア整体院 院長 楠本大貴のブログです。少しでも皆様の役に立つ情報を日々更新しております。


テーマ:

 

ヘルニアでお悩みの方、ヘルニア=手術 ではありません。

 

ヘルニアは背中のS字カーブがなくなって、まっすぐな状態になってしまった方に多く発症します。

 

つまり後ろに身体を反らす動作が苦手な方が多いということです。

 

後ろに反れなくなった腰は、ヘルニア以外でも何かしらの症状が出やすいです。

 

ヘルニアの症状だけではなく坐骨神経痛や脊柱管狭窄症、ぎっくり腰などいろいろな症状が出ている方が多いです。

 

なぜS字カーブが無くなるのか?要因は様々ですが、背骨の土台である骨盤の状態と背骨の周りにある筋肉に問題があり、結果的に背骨の並びに影響している事がほとんでです。

 

まず骨盤の矯正を行い、背骨が綺麗なS字カーブを描くように処置をしていくことにより、結果的にヘルニアの症状は消失し手術は回避することが出来ます。

 

ヘルニアで手術を勧められたら、まず楠本整骨針灸院にご相談ください。

 

楠本整骨針灸院ホームページ

くすもとフットケア整体院ホームページ

 

楠本大貴さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス