舞台『RE:VOLVER』

テーマ:
おはようちー
(^^)

一昨日伺ったゲネプロ

舞台『RE:VOLVER』



ハイネでお世話になった吉谷さん作・演出の舞台

要塞に囲まれた都市「霞宮(カミヤ)」
少年時代を共にした仲間と久々に再会するも、様々な形で大人になっていた
仲間の絆そのままに、新たな冒険へ

調べたら吉谷さんオリジナル作・演出は5年ぶりらしい

ハイネで一緒だった植田さん、祥司くん、邑樹くんが出演

最初は伏線の量が凄まじかったけど、後半は全ての伏線を回収して展開する内容はボリュームたっぷりで面白かった!

主演、聖木役の植田さん


ハイネで一緒だった彩ちゃん、愛里ちゃんと一緒に


Stage Fesのハイネチームで一緒だった邑樹くん



スーパーダンサー祥司くん

プリンシパルの皆さんも
アンサンブルの皆さんも
客席に凄まじく届くパワー
これは絶対満足する作品

植田さんの最後のシーンは泣いた
植田さんの心の叫びは、心に訴えられる
キャストを愛する吉谷さんの愛に溢れた作品でもあります

彼にこの役、彼にはこの役をやってほしい
と、思ってもらえる役者
技術とかじゃなくて、そう思ってもらえる役者
素敵だなーっと、最近舞台を観ながら思う長谷川でした

さーて、僕も頑張ります
٩( ᐛ )و


ミュージカル『生きる』

テーマ:
おはようちー
(^^)

昨日はミュージカル『生きる』観劇




戦後まもない日本
余命半年を生きる男の物語

元々黒澤作品が大好き
最初知ったときは
生きるのミュージカル?どーゆーこと???
ミュージカルにするとこある???
人の間が生み出す作品で歌い踊るの???

と思って観にいきました…




が、
ミュージカル、舞台として『生きる』が生まれ変わっていました

渡辺勘治役の鹿賀さん、舞台には渡辺勘治がいました
渡辺勘治の全てがありました
渡辺勘治の歌うシーンは全て泣きました
1幕2幕ラストはハンカチで顔拭いてました
ミュージカルならではの『生きる』でした
人間の命は儚い
だからこそ、生きる姿は美しい

本当に素晴らしい舞台でした!


楽屋で松原兄さんと


松原兄さんと共演するときは、いつも実直な役が多い
今回みたいな役でも共演してみたい笑



川口さん、観に来ていた川島さんと


存在感が1階席後方にまでビシビシ伝わってきました!


日本中、そして世界中の人に観て欲しいと思う
『生きる』
もうチケット少ないみたい
迷ってる方、絶対観た方がいい作品です

家でパンフレット読みながら、もう少しこの世界に浸ります……




ばいちゃ!









明日の予定、不安定

テーマ:
深夜にこんばんちー

今年の10月って舞台やライブ、多くないかい?
観に行きたい作品いくつもあるし、誘われてる作品がいくつもあるけど、全部は行けない…

そして今ちょっとバタバタしてて、なかなかスケジュール作れないのもある

明日は観劇の予定を入れました
で、その作品を思うだけで何だか泣きそうなんだよね笑
あのシーンどうかなーとか、最後はあれかなーとか
想像するだけで泣きそう

あまり感情的じゃなかったんだけどなー
歳かなー笑

少なくとも、涙流すようになったのは以前出演した、いえすま、ハイネがキッカケだと思う

あそこらへんで感情のリミッターが壊れはじめてる

って綴っておきながら、明日はケロッと舞台観ている気もする

相変わらず不安定だわ
⊂((・x・))⊃




何が言いたいかと言うと

明日が楽しみ♪

ばいちゃ
(°▽°)

今更まとめるIn Touch

テーマ:
こんにちー
^_^

In Touchについて書かなきゃと思いながら、1ヶ月が経ってしまいました…

遅くなりましたが、沢山のご来場ありがとうございました
(_ _)






In Touchが終わってから、どうやってblog纏めようかなー、なんて書いたらいいかなーって悩んでました
普通に作品のこととか、共演者のこととか、役のこととか…
書けばいいのですが…


正直、うまく纏められません
それだけIn Touchに出演して沢山のことを感じました
1ヶ月考えても纏まらない
素直な気持ち

共演者皆さん
携わったスタッフ皆さん
演出の創さん

そしてご来場頂いた沢山の皆様
本当にありがとうございました

水戸公演、東京公演千秋楽は久々にカーテンコールで泣きました




自分でもよく分からない
お客様のスタンディングオベーションに感動したのか
無事千秋楽を迎えたことに安心したのか

いろんなことが積もって泣きました
やっぱり歳を重ねると涙腺弱くなるのかな笑

また皆さんと会えますように…