ようこそ、大渓水です。

 

神戸市東灘区の保久良神社へ行ってきました。

 

 

 

けっこう急な坂道を登らなければなりませんが、

 

涼しい顔でスタスタ歩く地元の高齢者たちが多かった♪

 

 

途中には防災工事の看板がいっぱいです。

 

 

 

 

 

その奥に見える珍生岩(うずなりいわ)。

 

 

 

ほどなく金鳥山の中腹に位置する保久良神社へ到着!

 

 

 

亀の甲羅にまたがるのは浦島太郎ではなく、

 

御祭神の一柱である椎根津彦命(シイネツヒコノミコト)。

 

 

 

その他にもこちらの神々が御祭神となります。

 

 

・須佐之男命(スサノオノミコト)

・大国主命(オオクニヌシノミコト)
 

・大歳御祖命(オオトシミオヤノミコト)

 

 

 

そして境内隅には、

 

八代龍王様も鎮座されてありますが、

 

「八大」の表記でないのは珍しいと思います。

 

 

 

さらに立岩と呼ばれる磐座や、

 

 

 

神生岩(かみなりいわ)などの磐座が無数に点在。

 

 

 

これらの巨石は奈良県桜井市の、

 

大神神社の磐座と同年代のものだと云われます。

 


三輪山には古神道のルーツが存在します

 

 

また同じく六甲山系に位置する、

 

越木岩神社にも無数の磐座がありますし、

 

いずれゆっくり調査してみたいと思っております。

 

 

イワクラはただの岩だから破壊するとのこと

 

 

それではまた、いつもありがとうございます。

 


 

「自然の摂理をもっと多くの人に知ってほしいと思います。」
クリックよろしくお願いします!

 

 

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ