ようこそ、大渓水です。


本日は我が家から車で約5分、

新築ホヤホヤのオフィスへ行って参りました。


まずは建物をお調べした後、

神棚位置は北東側の壁面に決定です。

新築の物件/北東の壁、南西向きに神棚を取付



昔から神棚は東~南が吉方位とされますが、

実は少しだけ迷信でもあるのでご注意ください。



【関連記事】 神棚向きは東/南の方角とは限りません



まずは石膏ボードの壁に、

ヒノキ板を加工した支柱を固定。

石膏ボード壁に木ビスを使って支柱を固定



そこへ嵌め込む棚板は、

桧無垢の大きな木材を使用します。

国産桧製(700x380)の神棚板



水平レベルを確認しながら、

水平器を使いレベルを確認しながら神棚を設置



ひのき板をセットすれば取付完了。

国産ひのき板の無垢材で作る神棚板



重厚感のある檜一枚板の上に、

職人さんが作る宮形をお載せします。

重厚感のある神棚と棚板に仕上がりました



神具セットは御神前の名入りで、

無地のセトモノより、きらびやかな印象を与えます。

屋根違い三社+檜製の神棚板+御神前神具セット


こちらでは神棚正面が南西向きとなりました。


ちなみに今回の依頼者様は、

広告代理店を経営される方だったのですが、

話を聞きますと普通の会社ではありませんでした。


何が違うかって、

代表がとても信心深い人だったんです^^


毎日神社へ参拝されるそうで、

工事後ずっと神様話しで盛り上がりました(笑)。


せっかく仕事を頼むのであれば、

「神縁のある方にお願いしたい!」

って人がいましたら要チェックですよ♪


不動産専門 広告代理業/レンジャーモード



私はいつも貴重なご縁を頂いておりますが、

今日もまた特別な出会いを授かったように思えます。


そして明日からより一層励みますので、

今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m




「自然の摂理をもっと多くの人に知ってほしいと思います。」
クリックよろしくお願いします!