第一経営グループ代表 吉村浩平のブログ

第一経営グループ代表 吉村浩平のブログ

第一経営グループ代表 吉村浩平のブログです


テーマ:

日本障害者協議会代表の藤井克徳さんが書かれた「障害者をしめ出す社会は弱くもろい」という本を読みました。視覚障害者である著者が、雑誌に連載されていたものを基にして一冊にまとめたものです。

 

たしか昨年だったと思いますが、藤井さんが第一経営のお客様でもある「社会福祉法人鴻沼福祉会」の斎藤なを子さんたちと一緒に、ドイツの収容所跡など視察に行かれたNHKの番組がありました。

 

この本でも最初の方に、ナチスドイツ下で行われた「障害者安楽死計画」いわゆる「T4作戦」が紹介されています。その作戦の下、当時ドイツ国内で20万人以上、ヨーロッパ全体では30人万人以上の精神障害者と知的障害者が虐殺されています。しかも衝撃的なのは、障害の重い人たちを「価値なき生命」として精神科医を中心にした医療関係者が、その虐殺に積極的に加担していったと言われていることです。

 

「価値なき生命」とは、すなわち、働けない、兵士になれない「生産性なき生命」ということです。「生産性がない」という言葉、LGBTに対する無知な自民党の女性国会議員の言動として話題になっていましたが、今なお取り巻きの一部与党内だけでなく、それを擁護する「新潮45」の特集が組まれるなど、一種異様な風潮というか現実があります。

 

藤井克徳さんは、最近のアメリカやヨーロッパなど世界に蔓延している「優性思想」や「排外主義」との共通性に危機感を述べられています。日本においては2016年に起きた相模原市の「津久井やまゆり園」で起きた障害者の大量殺傷事件はその象徴的な事件でした。

 

ただ一方で、今は「障害者権利条約(200612月・国連総会)」がつくられる時代でもあります。日本政府の人権問題に対する消極的な姿勢は変わらずとも、世界が大きく変化してきていることも確かです。国連は「一部の構成員をしめ出す社会は弱くもろい」として、多様性を許容することの重要性を明言しています。

 

この間は、当然のこと日本においても様ざまな裁判などを通した運動が起こって来ています。「あきらめない、ぶれない、こびない」というフレーズがそこにはあると言われます。そして「私たち抜きに、私たちのことを決めないで」というフレーズもまた、象徴的な言葉として障害者運動の求心力となり、運動を支える力になっているようです。

 

最近のニュースを見ると「働き方改革」という名のもとに定年制の延長をいうだけでなく、あわせて年金制度をはじめとした社会保障の切り捨てを言い、そこに胸を張っている総理大臣がいます。「改革」という言葉のイメージは基本的に前向きなものなのに、やっている内容は全くもって後ろ向きで、そこに5年後、10年後の夢や希望を見ることはできません。

 

貧弱な社会保障をさらに切り下げながら、仮に自己責任や応益負担論を強く言うのなら、森友・加計問題はどうなるのだろう。権力者の関係者が税金を使って優遇される、この矛盾をどう考えたらいいのか、何も解決していない疑惑の後始末をしっかりやってからにして欲しいものです。

 

税や社会保障を通じて所得を再分配する以前に、逆に意図的に格差が生まれるシステムをつくり、そして落ちこぼれた弱者を排除していく社会には、どう考えても持続可能なイメージを持つことは出来ません。少なくとも障害者問題がその最先端にあることだけは確かです。


テーマ:

第一勧業信用組合理事長の新田信行氏が「よみがえる金融」という本をダイヤモンド社から出されています。新田氏は、今年6月に埼玉を会場に行われた中小企業家同友会の女性経営者全国交流会二日目の記念企画で、山口義行教授とともにパネラーとして登場された方です。

 

失礼ながら私はそこで初めて名前を知りました。みずほ銀行の常務から2013年に現在の職に就かれた方ですが、その穏やかな表情と、おそらく多少の流れとしてあったであろう「台本」を無視した親しみやすい語り口に、肩書とはイメージが異なり、人間臭い面白さを感じて、ちょっと興味を持ちました。

 

ストレートな表現では書かれていませんが、メガバンクから信用組合という小さな金融機関へ移ってきた際に新田氏が感じたのは、おそらく組合組織としての地域金融とは名ばかりの、形式的な事務作業を行う「ミニバンク」というものだったのかも知れません。

 

新田氏はそこに「何のために、この信用組合があるのか」を問いかけていき、リテール金融としての原点を確認する中で組織の再生を図り、43億円の繰越欠損をわずか4年で解消するという、字回復を成し遂げたように思います。

 

この本で特に、私たちの仕事においても参考に出来ると思ったのが「工場見学のポイント」と「目利きシート」というものです。こうしたツールの紹介を含めて、リテール金融に求められていることは、定量評価のみに依存することではなく定性評価こそ重視すべきであるという基本的な考えが全体に通底しています。

 

浅草の芸者さんが自分のお店を出す独立資金を融資する際に、その人物評価を料亭組合の組合長さんに依頼して推薦してもらうという流れ、保証人ではなく、ただ推薦してもらうことで融資を実行するという商品開発の話が最初に紹介されています。

 

「芸者さんローン」はその後、「のれん分けローン」など「あなたのニーズに応える」コミュニティ・ローンとして今では270種類以上になっているそうです。売りたい商品を売るというプロダクト・アウトの発想ではなく、顧客のニーズに応えるマーケット・インの発想こそが地域金融に求められているという使命感からの商品開発です。

 

「人を見て、事業を見て、与信判断を行う」というのが、新田さんのいうところの定性評価です。ただし決算書などの数字だけで判断する定量評価でない定性評価は、手間がかかるし時間もかかります。更になんといっても「見る力」が求められるわけで、そのためのマニュアルシートが「工場見学のポイント」と「目利きシート」です。

 

書類を見るだけでなく、まず現場を見ることの大切さを職員に理解してもらう必要があります。その上で、相手に対する敬意と興味・関心をもって接することで信頼関係をつくりながら、その人と事業を見る目を鍛えていく必要があるということです。

 

例えば事前準備、事後のフォローを含めて解説した「ポイント」の中で「工場見学」という項目では、「社長など先方の方と一緒に見学する。不明な点があれば、恥ずかしがらずにどんどん質問する。工場内で働いているスタッフの皆さんに必ず挨拶する」「工場見学はやり直しがきかないので、先方の説明を聞き逃すことなく細心の注意をもって集中する。疑問を残さずにその場で理解していく。説明のポイントはメモを取り、許可されている範囲で出来る限り多くの写真を撮る」という感じで具体的に書かれています。

 

「目利きシート」では、「社長さんはどのようにして会社を立ち上げたのですか」「どのような経営理念をお持ちですか」「これまで苦労されたと思いますが、それによって、どのような信条をお持ちですか」あるいは「商品の強みはどこにあるのですか」などと聞く、これまた具体的な例示がされています。

 

これらをベテランと若手が組んだOJTを行い、その後に若手のロールプレイングを繰り返し、全体がレベルアップしていくという教育システムの流れまで紹介されています。新田氏は「変わってはいけない原点の在り方をベースに、変わらなければならない部分を変えて、未来型の信用組合を志向する」と述べられています。

 

顧客の親睦や相談しやすい関係、事業連携をめざして「かんしん未来くらぶ」という会員制組織をつくったという話もありました。ちなみに第一経営にも「ぐるーぷ」という会員制のお客様の会があります。ここでは、ひらがなの名前に共感しながら、本業の周辺でもお客様との信頼関係を組織として作っていくことの大切さ、経営理念に沿ってサービスの幅を広げる共通点を感じます。


テーマ:

ドラッカーが好きでゴルフも好きな人からすると、本のタイトルだけでなく「平均110の著者が、半年で80を切ったゴルフ上達術」というのは、なんとも興味をそそられる触れ込みです。しかも著者自身が還暦になってからの半年間で、一気にシングル・プレーヤーに近づいたというもので、これが詐欺でなければ本当に驚きです。

 

ドラッカーのいう「マネジメント」は、企業経営にとどまらずNPOや公共機関など非営利組織を含む、あらゆる「組織」が、それぞれの目的に向かって成果を出していくためのものです。それは単に「管理」と訳されるような「人をコントロール」するノウハウというものではありません。ドラッカー学会の会員である著者は、その考え方をゴルフ練習用のセルフ・マネジメントとして応用、実践して、ちょっと信じがたい成果を出しているのです。

 

1章 あなたのゴルフが上達しない理由

2章 ビジネスにもゴルフにも役立つ「ドラッカーの考え方」

3章 ドラッカーを応用した「ゴルフ・マネジメント学習法」

4章 「ゴルフ・マネジメント学習法」の実践手順

5章 私はこうして80を切りました!

6章 「ゴルフで覚えるドラッカー」は、なぜできたのか?

 

この本がめざすところは、プロが専属コーチを付けるように、自分自身が「自分自身の優秀な専属コーチ」になることだと言います。ゴルフに限らないし、またスポーツに限らないかも知れませんが、その道で上達するためには、いかに自分を客観視できるかであり、「今の自分に必要なこと」を考えて、効果的、効率的な練習を行かがカギになります。そしてその練習で培った自信を、いかに実践の場でも再現できるかに尽きるということなのでしょう。

 

この本によれば、自分の「専属コーチ」は、決して面倒くさいなどと言わないで、一回一回の練習の記録をとる必要があります。そうすることで一つひとつの点と点が線として繋がってくる訳です。大きな目的(ゴール)があり、そして事前に立てた目標に照らして成果を確認したり、新たな発見を記録し、現状と課題について分析整理する必要があります。要するにPDCAのマネジメント・サイクルを回すことです。

 

何にしてもミスには必ず原因があり、それに応じた対処法がある訳で、そのためには自分自身の特性、チェック・ポイントを知っておいたほうが良いと言われます。事実を客観的に観察した上で、結果を生み出した原因を追究すること、これが本質を見誤らないための確実な方法なのです。この本で特に強調していることは「記録を取り、振り返る」ということです。

 

ミスショットにいちいちイライラしないで「冷静に観察し、分析しろ、そして重要なことに集中しろ」という訳です。おっしゃる通りです。ただ、こうして書いていると、だんだんに「少し面倒くさいな」という気がしてきます。そこが我々凡人と抜きんでる人との違いなのかもしれないと思いながら読み進めていきます。

 

ところでドラッカーについて、彼自身が一流の経営者なのかといえば、あくまでも彼は経営コンサルタントであった訳です。「自分自身で上手に実践する能力」と「他者に的確なアドバイスを送る能力」は全くの別物であると、この本の著者も言っています。

 

そんな「逃げ道」も感じながら、アマチュア・ゴルファーが我流で楽しむのも良し、もし格段に上達したいと思うのなら、自分自身の記録を取り分析する有能な「専属コーチ」でありながら、同時に「実践者」にもなることが求められることだけはよく分かりました。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス