1971年11月6日 アメリカのネオコンらは アラスカ州 アムチトカ島で行われた

オペレーション グロメット・ カニキン実験 

地下1,860mに設置した 5.2メガトンのW71水爆弾頭を起爆させ、

マグニチュード7.0の人工地震を起こす事に成功していました。 


アムチトカ島とその周辺は その後約1,000回もの余震に襲われ、

恐れをなした観測チームは 全隊撤収しました。


(グーグルアースのiマークから場所を特定する事が出来ますたー)

 

アムチトカ島 拡大、

 

さらに拡大、滑走路跡がうかがえます。


 

「311は人工地震だった」というのは、大げさな被害妄想と思われがちですが、
40年以上も前にアメリカは核による人工地震の実験に成功していたのです。

ナイキ・ミサイル用に開発された このスマートで設置しやすい核弾頭

5.2メガトン級W71型 は全部で30発製造されました。


1発目はカニキンで使用され、

2発目は日本の東日本大震災・311でした。
3発目が熊本大地震 https://ameblo.jp/daihatu-com/entry-12158214656.html


…残りは27発です。
_________________________________

 

このたび、4発目の埋設予定地がわかりました…だから今、このブログを書いとるわけなんです。


そこは、北海道 苫小牧市の南の海域。

すなわち、次なる大地震の震源地…と言うことです。

"CCS"と称する二酸化炭素を岩盤に圧入する研究のために近々、

れいの「ちきゅう号」がこの海域に達します。
 

CCS事前探索を装ってボーリングし、その穴にW71を落とし込むオペレーションが発動されたようです。

 

この辺りの水深は1079m。

東日本大震災時の水深よりもかなり浅いので、オペレーションは相当短期に修了する見込みです。


北海道には私の親戚もおり、とても心配です。

皆様、どうぞ ご無事でいて下さい。
________________________________