2020全日本新人王決定戦 | だいごの片想いボクシング
新型コロナウイルスに関する情報について

だいごの片想いボクシング

後楽園ホール観戦記、テレビ観戦記、過去の試合のDVD観戦記を中心に書いていきます。

もう、1日以上経ってしまいましたが

 

後楽園ホールで「2020全日本新人王決定戦」でした。

 

2020年度は、コロナの影響で開催できるかできないかの瀬戸際だったと思います。

 

そんな中、歴史のある新人王を途切れさせないという

 

関係者の努力で開催し、年をまたぎ全日本新人王決定戦を終えることができました。

 

今年は、予選から無観客試合が多くて出場選手もやりにくかったと思います。

 

さらにいつも以上にタイトなスケジュールの中、どの選手も本当に頑張りました。

 

僕は、予選から西日本、中日本、西部日本と見ることができて

 

むしろ日程が重なった東日本の方が少し見る機会が少なかったです。

 

地方予選から見ていると、自分の拳のみで後楽園ホールを目指して

 

なんだか甲子園を目指す高校野球やM-1グランプリのようで本当にいいなと思いました。

 

2020年度の全日本新人王決定戦は、無観客でしたが

 

やっぱり、超満員の後楽園ホールで見たかったな、という思いと

 

この状況なら仕方ないなと、複雑な心境でした。

 

そして、前日計量で陽性者が出て試合が中止になり

 

本当にコロナが腹が立つなという思いと、

 

ここまで頑張ってきた選手の気持ちを考えると胸が締め付けられる思いでした。

 

新人王トーナメントは、素晴らしい大会だけど

 

ここがすべてではない。

 

むしろ、ここからなので、またリングに上がって活躍してほしいです。

 

勝った選手も負けてしまった選手も。

 

では、グッときた場面です。

 

1、宝珠山選手(三迫)の泥臭いボクシング

 

(ダウンを奪われて劣勢の場面から、本来のスタイルではなく勝ちをもぎ取りにいく姿勢にグッときました。神崎選手もキレのあるパンチを持ち、大接戦でした。宝珠山選手は東の決勝、全日本と心に響いたなぁ!)

 

2、小島選手(江見)の出入りを意識したボクシングと最後まで落ちなかったスタミナ

 

(小島選手も予選から良い試合をしていたんですが、全日本新人王決定戦でも素晴らしい動きでした!)

 

3、冨田選手(伊豆)の右ボディからの右フック

 

(この試合も面白かったなぁ!冨田選手も予選から見ていますが魅力的な選手でこれからが楽しみです!)

 

4、狩俣選手(三迫)のパワーと木村選手(グリーンツダ)のカウンター

 

(最後までパワーが落ちない狩俣選手もすごいし、木村選手のカウンターもすごかった!木村選手は僕の中で株が上がった!)

 

あと、グッとではなかったけど

 

福永選手(黒潮)と矢斬選手(花形)の緊張感のある攻防も見応えがありました!

 

数年後に再戦が見たいですね!

 

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ (ポチっと応援お願いします!) 

 

東京ネットラジオ 

rsc products プレゼンツ  

 

第113回 だいごのNO BOXING NO LIFE


http://www.tokyonetradio.com/ch/yasuoka_daigo.html  


ゲスト:森合正範(東京新聞運動部記者)