29年前 | だいごの片想いボクシング

だいごの片想いボクシング

後楽園ホール観戦記、テレビ観戦記、過去の試合のDVD観戦記を中心に書いていきます。


テーマ:
本日、2月7日は何の日でしょう?


 

そうです!


 

毎年、書いているのですが


 

29年前の1990年2月7日は


 

大橋秀行(大橋ジム会長)が崔漸煥(韓国)に挑戦し



 

9回KO勝ちでWBC世界ミニマム級王座を獲得。


 

日本人世界挑戦連続失敗記録21を破った日なのです。


 

暫定王者も含めて7人も世界チャンピオンがいる現在では考えられないですね!


 

そして、僕はこの日からボクシングが完全に好きになった記念すべき日なのです。


 

ボクシングが好きになってまる29年が経ちました。


 

29年後にこうしてボクシング業界に携われているので不思議なものです。


 

本当にありがたい限りです。


 

というわけで今年もYouTubeで試合を観戦。


 

もう何回も見ている試合ですが


 

何度見ても感動するなぁ!


 

結果がわかっているのに感動するってすごいな。



 

この試合を生観戦した人がいると必ずどんなだったか聞くのが好きなんです。


 

この歴史的一戦に立ち合えて羨ましいなぁ。


 

当時中学1年の僕は、祖母と一緒に住んでいた市営住宅でテレビ観戦していたんですが


 

KOのカウントダウンが始まった時の


 

崔選手を見ながらジャンプする大橋会長が格好良くてマネしました(笑)


 

改めて見ると崔選手、ガッツがあって強かったなぁ。


 

大橋会長の左ボディももちろんだけど、右アッパーもたまらないですね!


 

僕にとって忘れられない試合の一つで、何度見ても幸せな気分にさせてくれる試合です。



 

 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ (ポチっと応援お願いします!) 


東京ネットラジオ


rsc products プレゼンツ 


第91回 だいごのNO BOXING NO LIFE


http://www.tokyonetradio.com/ch/yasuoka_daigo.html  


 

ゲスト:栗原慶太(一力=OPBF東洋太平洋バンタム級王者)

やすおかだいごさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス