【紹介】こどもとイッポ ニホ サンポ | 大福ノート 3

大福ノート 3

久しぶりの日本の生活。
毎日を丁寧にコツコツと。


テーマ:
ついに完成しました!
親子で楽しむ町案内。

国分寺、イッポ ニホ サンホ
{9A1DECB9-3196-41C4-AB99-37274E3C5532}
みてください、このキュートな表紙。
サイズ感、紙質、デザイン、イラスト、、
どれをとっても素敵すぎます♡

まちのおやこテーブルで、
このマップの話が出た時に、
素敵だなぁ〜なんて思っていたのですが、
そこから形になるのが早い!
もうね、感動デス。


まちのおやこテーブル、
何回かここでも紹介していますが、
皆さんご存知でしょうか。

平日夜や週末に、
地域の人たちが食卓を囲んだり。
自然と知り合う場所を
作ってくれています。

子どものいる人も
いない人も
みーんな「まちのおや」
この辺りに住む子どもたちはみーんな
「まちのこども」

、、なんて素敵なキャッチフレーズ。

私は約4年前にシンガポールから
この街に引っ越してきたわけですが。
この地に縁もゆかりもなく、
子育てをしていて、すっごく孤独感がありました。

トラオが2歳半でまだまだ手がかかる時期でしたし、
常夏のシンガポールから、11月の日本に戻るのは心も体も慣れるのに
本当に時間がかかりました。

トラオなんて、
長袖を着るのを拒否したり、
布団をかけてくれなかったり、
靴下を履いてくれなかったり。笑

そして主人も忙しかったし、
帰りも遅い。
「今日はトラオとしかしゃべってないなぁ」なんて日もザラでした。
大人と話せないことの寂しさったらないですよね。

育児疲れで、
トラオと昼寝を一緒にすると、
本当に家のことも自分のことも何もできなくて、
そして夜も一緒に疲れて寝てしまう。
出かける気力も当時
あまりなかったかもしれないなぁ。

あの時にこのマップがあったら、
たぶん、涙流してたと思います。


代表のヨーコさんが
よくおっしゃる
「孤育て」
これって、私もとても辛いものだと思うのです。

家族のかかわりだけでなく、
地域の人とのかかわりがあれば
心強いですよね。

{C892114C-4199-469D-9858-BA6024D38885}
かていかやも載ってますよ!
似ているかしら??

{112DD89D-ED64-46B2-AB55-B25C48A0F004}
もともとフリーになったのも、
ママさんたちに息抜きの場所を作りたいと思ったことがきっかけでした。

いかに簡単に裁縫ができるか、
簡単に料理ができるか。

子育て中のママにとって、
なかなか「達成感」を得ることは難しい。なんでも活動が中断されてしまって、
細切れになってしまうもの。
(トイレすらゆっくり入れないですよね)
ものづくりなどの活動、wsを通して
ささやかかもしれないけど、
身近な達成感をや楽しさを
皆さんと一緒に感じられたらと思ってます。


今回
こうして載せていただけたこと、
とってもありがたく、
幸せなことだと思っています。

いつでも初心にかえって、
この気持ちを忘れずに活動したいな。

これからもどうぞよろしく
お願いいたします。
どうぞお気軽に遊びにいらしてくださいね♪



daifuku

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス