リルケの「若き詩人への手紙」と出会う | 独楽助さんのブログ

独楽助さんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

今日は、日中、とても幸せな気分だった。

その原因の一つは、詩人リルケの著書「若き詩人への手紙」

を読んだからだ。詩人と言えば、僕が一番好きな詩人は海外では

バイロン、国内では高村光太郎、島崎藤村、武者小路実篤などであり、

リルケはこれまで、あまり読んだことがなかった。

 それでは、なぜ僕が今リルケの著書を読んでいるかというと、

大阪在住の女性の友人から「絵を描いているが悩んでいる人がる」

という趣旨の話を聞き、巡り巡ってリルケの著書に到達した。

 

 何とかして、その悩んでいる友人の知人を励ますことができないだろうか。

真剣に考えたところ、ある映画のワンシーンが浮かんだ。

その映画は「天使にラブソング2」。主人公が、進路に悩む

生徒に言った、印象に残った言葉が、リルケの言葉だったのだ。

さっそく、アマゾンで「若き詩人への手紙」を購入し、読んでみると、

なんとその内容は、あらゆる芸術を目指す者へのメッセージだった。

友人のために探し当てた著作が、実は僕自身を一番励まし、幸福な気分に

してくれたのだ。

 少し、リルケの手紙の内容を紹介すると「誰もあなたに助言したり手助けすることはできません。誰も。ただ一つの手段があるきりです。自らの内へおはいりなさい。あなたが書かずにいられない根拠を深く探ってください。それがあなたの心の最も深い処に根を張っているかをしらべてごらんなさい。もし、あなたが書くことを止められたら、死ななければならないかどうかを、自分自身に告白して下さい。

 何よりもまず、あなたの夜の最も静かな時間に、自分自身に尋ねてごらんなさい。私は書かなければならないかと。」

 

 また、「もしあなたの日常があなたに貧しく思われるならば、その日常を非難してはなりません。あなた自身をこそ非難なさい。あなたがまだ本当の詩人でないために、日常の富を呼び寄せることができないのだと自らに言いきかせることです。創作する者にとっては、貧困というものはなく、貧しい取るに足らぬ場所というものはないからです。」

 

 「自らの内へおはいりなさい。決して、外から来るかもしれない報酬のことを問題になさってはなりません。なぜなら、創造するものはそれ自身一つ世界でなくてはならず、自らの内に、また自らが随順したところの自然のうちに、一切を見いださなくてはならないからです」

 映画では、「あなたは歌が上手。歌っていること自体が、もう歌手になっているのと同じことなのよ」と、主人公は言いました。吹き替え版でした。今回、日本語吹き替えでなく、英語の翻訳が画面に出て、リルケの言葉だと初めて分かったのです。

 

 話は、飛ぶようですが、大西ジミーちゃんは、今、画家で世界を飛び回っていますが、師匠の明石家さんまがジミーちゃんにこう言ったそうです。

 「ジミー、前は誰からも絵を習ったらあかん。お前の感性だけで描くんやぞ」

 さすが、一芸に秀でた人の言葉は、違いますよね。

 

 リルケは、手紙の中で「もし書くなと言われたら、死ぬしかない」というくらいの覚悟があれば、詩人になれる、というのです。これは詩作だけではなく、あらゆる芸術、人生にも通じる言葉でしょう。

 

 このような著作にめぐり合わせていただいた、大阪の友人に感謝し、今日は幸せな一日となりました。

独楽助さんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ