今年の夏の主役はオカダ・カズチカだ! 〜G1クライマックス2018予想 | DaIARY of A MADMAN

DaIARY of A MADMAN

毎日、ROCKを聴きながらプロレスと格闘技のことばかり考えています。


テーマ:

 いよいよ今週末から、新日本プロレスの真夏の祭典、「G1クライマックス」が開幕する。


“絶対王者” と化していたオカダ・カズチカ政権が陥落し、更に混迷を深めるバレットクラブ分裂騒動の中、果たして今年の覇者は誰になるのか。


いろいろなところで予想がされているが、当ブログはあっさり決め打ちする。


今年は「オカダ・カズチカ( Aブロック) vs 内藤哲也(Bブロック)」の優勝決定戦の末、オカダが4年ぶり3回目の優勝を果たす!


何故か?


G1を制するということは、来年の1・4東京ドームのメインでIWGPヘビー級タイトルマッチを行うということ。


あれだけの激闘の末に戴冠を果たしたケニー・オメガがよもや年内にベルトを手放すとは思えない。ということは、G1覇者=1・4ドームのメイン=ケニーの対戦相手、となる。

 

そこで誰が相応しいか、となると、現時点ではオカダと内藤哲也、そして飯伏幸太だろう。


残念ながら、棚橋弘至はもう難しいだろうし、マイケル・エルガンはまだ早い。当然、ジェイ・ホワイトやEVILも、「ドームのメイン」はまだまだ荷が重いと言わざるを得ないはずだ。


そしてBブロックの選手は、過去の例から言うと、「次の防衛戦の相手」にはなっても、ドームまで引っ張るのはなかなか難儀だろう。


となると、内藤と飯伏は「ケニーに公式戦で勝利して秋にIWGPに挑戦」という形が濃厚ということになる。


従って、「G1の優勝」というより、1・4東京ドームのカードを見据えると、オカダだろうなぁ、という結論にならざるを得ないのである。


ついでに言えば、クリス・ジェリコのインターコンチネンタル選手権に一番相応しい対戦相手は、やはり棚橋かな、と思う。


ドームの前に実現するかもしれないが、一度は観たいカードである。


では『Number』のプロレス総選挙2連覇をはたした内藤哲也はどうなるのか。かなりの功績なのだから、ストーリーが書き換えられるかもしれない。


順当なのは上記、ジェリコへのリベンジか、飯伏幸太との総決算的な試合。


だが、総選挙の結果を考慮するのならば、公式戦でケニーに土を付けた上で優勝。「お前のタイトルに挑む前にやることがある」とジェリコか、公式戦で負けた相手と闘い、ケニーも2敗以上するのだから、内藤以外に負けた相手と先に防衛戦を経た上で2017年のG1優勝戦以来の再戦というのもないわけではない。


だが、私の予想はあくまでも「オカダ・カズチカ」1本だ。




ちなみに、個人的な願望を言えば、 Aブロックでは鈴木みのる、BブロックではSANADAに頑張ってもらいたいところ。

 

みのるには、オカダとの決着を付けてもらいたいし(公式戦での勝利)、SANADAはシングルでの実績(内藤かケニーからの勝利)が欲しい。



という妄想なわけだが、CSで開幕2連戦が生中継されるみたいだし、予想はともかく、試合を楽しみましょう。


あっつい夏を、あっつく過ごす。


皆さん、体調だけは崩さないように!

 








プロレス ブログランキングへ

 

 

 

OZZYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス