売上アップ | 関西ではたらく社長のアメブロ☆Daiのブログ

売上を買う

(経営者限定)

 

 

売上を上げるためにどうするか

 

と多くの人が頭を悩ませています。

 

 

頭に汗をかくのは必須ですが、

 

その前段階として

 

売上を上げるために

 

まず何を買うかを考えた方が早いのです。

 

 

広告を打つ、

 

これも買っています。

 

カタログやチラシを作成する→これも購入

 

封筒をどうするか→これも購入

 

DM配送をどこに頼むか→これも購入

 

媒体誌に広告枠→これも購入

 

ネット広告の枠→これも購入

 

自身のS N Sは?

 

これも自分の時間を切り売りしていますので、

 

時間の消費行動という事で、購入だと私は考えます。

(あくまでビジネスの視点で見た場合、遊びとしては別の視点あるで)

 

 

 

カタログやチラシを作成する場合で見ても

 

製作会社に文章も丸投げプランでやる、

 

文章はセールスレターのプロに依頼する、

 

デザインはデザイナーに頼む、

 

など

 

どのような売上を作るために

 

何を買うのかをしっかり考えると

 

悩みが減ります。

 

 

私は現場に出ていませんので、

 

ここぞという時のセールスレターの文章を書く時以外は

 

何をやるのも丸投げプランです(笑)

 

自分の会社がどこのD M会社を使っているのか

 

どこの製作会社を使っているのか

 

などなどどこの業者を使っているのか

 

全く知りません。

 

 

経営者としては

 

これは人件費も同じです。

 

誰を買うか、です。

 

意中の人がいなければ、

 

そのような存在になってもらえるように

 

色々な工夫や研修を通して成長してもらえばいいのです。

 

工夫や研修も購入することになります。

 

 

社員を正規雇用するということは

 

究極のサブスクリプションへの申し込みです(笑)

 

 

経営者はややもすると搾取しているように思われがちですが、

 

そうではない、ということが上記の説明で伝わると思います。

 

 

 

売上は買うものだということは

 

どういうことでしょう?

 

 

そうです、買い続けるということです。

 

思いつきで買う人は多くいますが、

 

買い続ける人はあまりいません。

 

いい結果が出る前に買うのをやめると

 

損失確定です。

 

損切りも大切な経営判断ですので、

 

買うのをやめるのではなく

 

違うものを買いに行けばいいのです。

 

 

特に今はコロナ禍ですし、

 

その前にも日本はデフレ気味から脱却していません。

 

 

普通の感覚の持ち主なら

 

買わない方がいいという選択になります。

 

 

多くの人が買わない中、

 

買うから売上が立つのです。

 

売上−経費=利益

 

利益が出るような売上を立てるのが

 

戦略です。

 

 

長くなるので、戦略についてまたの機会に。

 

売上は買うものだ、

 

という話でした。

 

少しでもなるほどなと思われた方は応援クリックしていただけると嬉しいです

https://blog.with2.net/link/?id=1147294


起業・独立ランキング