個人の損益計算書 大城太 | 関西ではたらく社長のアメブロ☆Daiのブログ

研究開発費を使っているか

 

 

ビジネスパーソンであれば

 

BS,PLの決算書はある程度ご存知だと思います。

 

 

おさらいがてらPL(損益計算書)の流れです。

 

売上はわかりますね。

 

売上から仕入れを引いた額が粗利です。

(棚卸などは省きます)

 

売上−仕入れ=粗利(正式には売上総利益と呼びます)

 

 

粗利から販売管理費を引いた額が営業利益です。

 

販売管理費とは、

 

給料だったり、交通費だったり、役員報酬だったり、

 

旅費交通費であったり、研究開発費、地代家賃などなどです。

 

営業利益は本業の儲けを表します。

 

売上−仕入れ−販売管理費=営業利益

 

 

営業利益から本業以外の儲け(営業外収益)を足したり

 

本業以外の損失(営業外費用)を引いた額が経常利益です。

 

売上−仕入れ−販売管理費−営業外費用=経常利益

 

 

経常利益から思わぬ損失などの特別損失を

 

引いたものが税引き前利益になります。

 

売上−仕入れ−販売管理費−営業外費用−特別損失=税引き前利益

 

 

 

税引き前利益から税金を納めて残ったものが

 

純利益になります。

 

売上−仕入れ−販売管理費−営業外費用−特別損失−税金=純利益

 

 

 

この指標を会社(法人)にだけ使うのは非常にもったいないです。

 

 

自分個人にも当てはめてみると

 

お金の動きがよくわかるようになります。

 

 

多くの人が研究開発費にお金を使っていないのではないでしょうか?

 

正確には、研究開発費に振り分けていない。

 

研究開発費は、販売管理費になります。

 

本業の儲けのために使う活動資金です

 

今期や来期以降の売上を上げるための活動費です。

 

 

ご飯を食べる時も考え方次第で

 

販売管理費の中での科目が分かれます。

 

交友を温めるためにご飯を食べたら

 

接待交際費になります。

 

ですが、

 

「この店はなぜ流行っているのだろう」

 

「このオペレーションでは単価が下がるな」

 

と自分なりの分析を加えると

 

研究開発費になります。

 

 

いい時計をしてみたいな

 

と思った時でも同じです。

 

欲しかったから買った、の場合

 

減価償却になります。

 

「この時計をしたら、人の反応は変わるのだろうか?」

 

「この時計に見合うビジネスパーソンとはどんな人物だろうか?」

 

と考えることによって

 

それは研究開発費に割り振られることになります。

 

 

 

頑張って勉強しているよ、という人がいます。

 

本もたくさん読むし、

 

セミナーも受けている、という人です。

 

新聞図書費、コンサル費に割り振られている可能性があります。

 

 

それをいかに研究開発費にするか?

 

を考えるだけで

 

本もセミナーも変わってきます。

 

 

会社ではなく、自分本人ですので、

 

自分を高くするための

(売上アップするための)

 

研究開発費になっているかどうかを意識するのですね。

 

 

個人のPLの場合も、

 

税金をたくさん払うということ

 

税引き前利益が多くなるのは

 

とてもいいことです。

 

 

たくさんの方に喜んでいただけたという証です

 

それを継続していけば

 

BSが鉄板になってきます。

 

 

研究開発費が増えれば

 

将来の不安が減ります。

 

欲張って給与、役員報酬をたくさんとって

 

節税しても

 

強いBSは作れませんので

 

将来困った時に助けてもらいにくくなるかもしれませんね。

 

 

法人でいうと

 

運転資金や設備資金を融資してくれる銀行は

 

過去のPLの集大成のBSをとても重視しています。

 

 

少しでもなるほどなと思われた方は応援クリックしていただけると嬉しいです

https://blog.with2.net/link/?1147294

 


起業・独立ランキング

 

11月7日新刊発売

著者初のビジネス小説

https://amzn.to/32jV6Ci

 

 

 

華僑本の集大成版が発売
(「華僑の奥義」https://amzn.to/2Wuarky

 

ブログでは読めない、今日のひとこと、メディアを斬る、編集後記が読めるのはメルマガだけ。

いつでも2クリック解除できます。

http://daiohshiro.com/melma/

 

 

 

ストレスを貯めない方法。
https://amzn.to/2Gnb9In

華僑流人心操縦術。

http://amzn.to/2GyJjGL

お金IQについてです。

http://amzn.to/2BG8xjU

華僑流ずるゆる極意

http://amzn.to/2w11fER

軽い陰陽のお話
http://amzn.to/2rHRE3f

中国古典はこれだけで
http://amzn.to/2ljBbxD

常識?のリセット
http://amzn.to/2ljHvW9

起業の定番
http://amzn.to/2ljCeOc

お金に特化
http://amzn.to/2ljI1Dx

デビュー作
http://amzn.to/2ljy8We

ブログでは読めない、今日のひとこと、メディアを斬る、編集後記が読めるのはメルマガだけ。

いつでも2クリック解除できます。

http://daiohshiro.com/melma/