感情の間隙をつく | 関西ではたらく社長のアメブロ☆Daiのブログ

華僑本の集大成版が発売
(「華僑の奥義」https://amzn.to/2Wuarky

 

 

やり切らないとシステムが見えてこない

 

 

 

オーナー型ビジネスモデルを

 

取り入れたいと考える人が多い時代になりました。

 

 

経営者だけに限らず、

 

お勤めであっても、

 

ネットで指示を出して

 

後は自然に回るシステムが欲しい

 

と聞きます。

 

 

 

方法論は

 

書籍やコラム、セミナー、このメルマガなどで

 

お伝えしていますが、

 

まず前提として

 

自分でやり切った経験

 

それを継続した経験がないと

 

オーナー型ビジネスモデルは

 

非常に難しいものになります。

 

 

目標を定めた時に

 

これはあの人に、

 

あれはどの人に

 

と割り振るには、

 

自分でやり切って

 

ここはできない

 

という経験が非常に有効になります。

 

 

 

だから、精一杯頑張りましょう

 

ではありません。

 

それは「ただの」精神論になってしまいます。

 

精神論は大切です

 

華僑の師も

 

「私は精神論者だ」

 

と言って憚りませんが

 

相当ずるゆるです。(汗)

 

 

駆け引き巧者の華僑は

 

心理学で言うところの

 

感情シーソーの操りが抜群に上手いです。

 

 

感情シーソーとは、

 

感情の起伏が激しく揺さぶられると

 

思考停止状態になって

 

なんでも受け入れてしまう現象です。

 

ずるゆるコラムでご紹介した

 

無表情、無反応の逆バージョンです。

 

 

事例を見てみましょう。

 

上司「部長が君のことをとても褒めていたよ」

 

部下「そうなんですか」(うれしい!!)

 

上司「でも、前の〇〇の件については怒っていたな」

 

部下「は、はい」(え〜、どっちなんだよ〜)

 

 

上げられて下げられた部下は

 

どっちなんだということで

 

思考停止状態になります

 

そこですかさず

 

上司「それでさぁ、あの件、引き受けてくれる?」

 

部下「はい、かしこまりました」

 

 

これは上司部下関係にも使えますし、

 

夫婦、恋人、お客さんにも使えます。

 

 

 

このような揺さぶりをかけるためには、

 

多くのことを把握、経験している方が

 

有利なのは火を見るよりも明らかなのは

 

ご理解いただけますね?

 

 

自分が相手を操ろうと考えているということは、

 

相手もこちらを操ろうと考えているかもしれない

 

と用意しておくことが賢明です。

 

 

そのためには、

 

自分が感情の起伏を

 

揺さぶられないようにしておかないといけません。

 

 

NOというはずが

 

思考停止になって

 

YESと言わされないためには

 

いつでも

 

「あなたの代わりに私がやりますよ」

 

という心構えがあれば

 

怖くありません。

 

 

スキル的に

 

「あなたの代わりに私がやりますよ」

 

が言えない場面もあるでしょう、

 

それに対しても先手を打っておきます。

 

「あなたの代わりに〇〇さんにやってもらおう」

 

です。

 

この準備は様々な事象に対しての

 

牽制になります。

 

野球も牽制球があるから

 

ランナーがリードをあまり取れないのです、

 

名ピッチャーは牽制球が抜群に上手いのです。

 

 

華僑の師にも

 

牽制機能をたくさん持て

 

と指導されました。

 

 

他人に対して牽制機能を持っても

 

自分に対しての牽制機能がなければ

 

チャンスをものにすることが

 

難しくなってしまいます。

 

自分への牽制機能の役目を果たしてくれるのが

 

やり切った経験なのです。

 

 

やり切った経験があると

 

どこで躓きやすいか

 

どこで油断しやすいか

 

どこでサボりたくなるか

 

が自分でわかるようになります。

 

 

その躓く、油断する、サボる

 

場面に他人を配置しておけばいいのですね。

 

 

牽制機能は

 

自動化、仕組化、システム化とセットと言ってもいいくらい

 

相性がいいものです。

 

 

感情の起伏の

 

間隙に気をつけたいものですね。

 

喜び過ぎるのも

 

悲しみ過ぎるのも

 

付け入られるスキになるのでご用心。

 

 

新刊キャンペーンサイト

https://concierge-service.biz/ougi/

 

少しでもなるほどなと思われた方は応援クリックしていただけると嬉しいです

https://blog.with2.net/link/?1147294

 

 


起業・独立ランキング