ガーボンタ・デービス vs ウーゴ・ルイス | R I N G C H E C K !

R I N G C H E C K !

打撃系格闘技の練習や試合についてのブログでしたが、
現在は海外ボクシングとムエタイの記事が中心です。
知り合い・近親者向けに書いています。


テーマ:



WBAスーパーフェザー級タイトルマッチ、 チャンピオン ガーボンタ・デービス 、 挑戦者アブネル・マレスが怪我による欠場、 代役ウーゴ・ルイスとの防衛戦です。





▼ ガーボンタ・デービス vs ウーゴ・ルイス






日本でもお馴染みの ウーゴ・ルイス が相手だっただけに デービスの強さが より際立つ試合となりました。 身長差10cm、 リーチ差5cmのサイズ差も何のその。




デービスのクイックネスやマックスパワーの凄さは言わずもがな。 デービス、 ボクシングスタイル/テクニックベースはL字を駆使する北米系ボクサーファイターでありながら ( 一軸・二軸どちらのポジションにあっても ) フックにもアッパーにもオープンハンドが ほとんどなく、 ナックルが実に鋭角なんです。 殺傷能力が高い。 カウンターでなくても、 相手をガシガシ削っていく事が出来る。 これをムーブメントと合わせて ここまで高いレベルで両立出来ている選手というのは チャンピオンクラスでも 意外に少ないのでは。 このリング上で魅せる躍動感と圧倒的なKO率。 ロマチェンコとの勝負論は十分にあります。





結果 : デービス 1RKO勝利











ただ、 天心とやるなら 「 蹴りあり 」 で ^













Ameba人気のブログ

Amebaトピックス