ボツワナ大使館でお茶を。

テーマ:

今日は、
IACのイベント『大使館でお茶を』の二回目。
ボツワナ大使館で行われました。



内陸の国で、
砂漠のしめる面積が広く。
農作物はあまり育たないかわりに、
素晴らしい品質のダイヤモンド、
そして、広い国立公園には
動物たちという、豊かな自然があります。

大使館の方の説明で、
もう、参加者みんなが今にもいきたいモード
全開です!!
ただし、半年以上前から
ホテル(自然保護でゴージャステント!)が
予約できるかどうかの人気だそう!!




そのあとは、
ボツワナならではの、
ハーブティーや、
ジンジャードリンク(写真がなし)、
ティーフード、
飲み方などお話をうかがいながら
楽しみました!!


ジンジャードリンクは、置いておくと、

ジンジャービアになるそう!!!

イギリスでもよくある飲み物です。





男性は椅子に、
女性は床に座る事が多く、
ソーサーに移してお茶を飲むことも多いとか。

イギリスでもかつて、その飲み方がありました。


イギリス統治下から、紅茶は入り、

その前は、野生のハーブを症状に合わせて摘んでは煮だして、
瓢箪のカップで飲んだそうです。


↓何種類もあるハーブティー。

今日は、青いはこのお茶をいただきました。


見た目は、緑茶。

日本にもXX茶という薬草茶があると思いますが、

そんな感じです。

あげたのが、マグイニャ

焼いたのが、パパータ?

同じ生地だそう。


イングリッシュマフィンや、スコーンの様に、

上下にスライスしてバターやジャムをつけていただきます。


マルーラと呼ばれる杏に似た実のフルーツ。

ねっとりしたジャムでした。

固めてドライフルーツの様にしたものもいただきましたが、

サンザシっぽかったです。

この実は、ナッツの様に食べたり、

油もとるそう。こっちは、カボチャの種ににています。





大使館のご家族の方もいらしてました^^


かわいい赤ちゃんは5カ月だそうで、

お名前を伺ったら、

日本人には難しい発音でww

大使館の皆様のご協力
本当にありがとうございます♪(´ω`)



つぎは、セルビア大使館です!!!

https://www.facebook.com/iactokyo#!/events/897602826961833/?action_history=[%7B%22surface%22%3A%22permalink%22%2C%22mechanism%22%3A%22surface%22%2C%22extra_data%22%3A[]%7D ]

どんなお茶会になるでしょうか。


参加したい方は

IAC(国際芸術家センター)へお申し込みください。

https://www.facebook.com/iactokyo#!/iactokyo



AD