今日は暖かったですね。冬支度だと暑い陽気でした。少し事務所に行って仕事をしましたが、お昼過ぎに自宅に戻って来ました。通勤路は、田んぼの中を通ります。野菜の無人販売所もありますね。

 

今日、帰り際に覗いてみたら、袋いっぱいに小松菜が詰まっていました。スーパーの2倍くらいの量です。しかも100円。当然、買います。早速、自宅で茹でます。冬場は、ほとんどビールを飲みませんが、小松菜を茹でていたら飲みたくなりました。茹でた小松菜をつまみながら1缶飲みました。うまかったですね。

 

「青菜」という落語があります。暑い日に、植木屋さんが仕事をしていると、ご主人に青菜で一杯やりませんか?と誘います。(鯉のあらいも出るのですが) お酒は「柳蔭(やなぎかげ)」。冷用酒だそうです。ところが、あると思っていた青菜がなかった様で、奥方が「鞍馬から牛若丸が出でまして、名も九郎判官(くろうほうがん)」とおっしゃいます。

 

「名も九郎判官」という所が「菜も食ろう」と引っかけています。これに対してご主人が「義経、義経(良い良い)」と答えるという粋なやりとりなんです。落語の方は、植木屋さんが家に帰って、真似をしようとして失敗する話です。(笑)

 

それはともかく、青菜も酒の肴になりますね。今日は昼間から飲んでしまいました。(^_-)-☆

 

 

ホームページ 

仲井雅光司法書士事務所

 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

 


司法書士 ブログランキングへ