昨日は、司法書士会の委員会でした。財産管理業務推進委員会と言います。出席者は3名でした。(^-^; 現委員は7名なんですが、当日になってドタキャンが4名あったため、出席者が減ってしまいました。コロナ感染も心配もありますが、やはりどうも活動が盛り上がらないので、気分的に活動が縮小するという所がありますね。

 

財産管理業務推進委員会では、遺産承継(相続ですね)の課題について議論しています。司法書士は相続登記に関わる事が多いのですが、遺産承継は不動産だけではなく、預貯金、株式、動産等、ご本人の財産全部について発生します。これらの承継手続きについては、被相続人の戸籍や遺産分割協議書、相続人の印鑑証明書等が必要で、不動産の承継手続(登記)と並行して行う事で、効率良く進める事ができます。

 

という訳で、不動産以外の遺産承継の業務を、併せて受任している司法書士さんも多いのですが、そのバックボーンである「遺産承継の理論」について、統一的な見解が決まっている訳ではありません。そこで、財産管理業務推進委員会では、色んな考え方を比較・議論し、考え方をまとめて行きたいと考えています。

 

昨日は、少人数でしたが、逆に深い議論ができた様に思います。私自身も少し理解が深まりました。久しぶりに懇親会のお誘いもあったのですが、事前に夕食を腹一杯食べていたので、残念ながらお断りしました。(笑)

 

ホームページ 

仲井雅光司法書士事務所

 

 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

 

 にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

 

 
司法書士 ブログランキングへ