カッコイイと人気のマセラティ ギヴリ
その外観と裏腹に、内装においてある悩みを抱えるオーナーさんが多いのです。

外装もやりたいけれど、まずは乗る時に必ず困るので先にこの問題解決からとのご依頼でした。


内装のネチネチ…
触るたびに手に黒いネチョネチョしたものがくっついてくるのです。


何で拭いても取れないとのこと。
せっかく高い費用かけて中古車を購入しても、こんな状況だと困った問題ですよね。


いかがでしょうか?
ダカーポでクリーニング施工して、この程度まではきれいにできました。


上の方のスイッチのように、表面の劣化してベタつき始めた部分を、剥がして除去していきます。

なかなか根気のいる作業です。
そして、どれも同じ手法で簡単に施工できるものでもなく、なかなか苦戦してしまいます。


こんなとこのものもネチョネチョ。


これはまだ未完成で仕上げてしまったので、またやり直しです(笑)


で。マスキングからやり直して再度クリーニング。
こんな感じでネチネチには手間暇かけて綺麗にしていってます。

施工前はいつも撮影できてるのですが、施工中は防護スタイルなので、撮影が難しく、完成はいつも納期ギリギリになるので、撮影前に出庫してしまうことが多いので、

わかりやすい施工前後の撮影はこの程度しか残ってませんが、とりあえず、見ていただこうとアップしてみます。

欧州車のネチネチでお悩みの方は、
是非一度ご相談くださいね。