先月にきっちりと施工させていただいたこちらのお車↓

1ヶ月経たないうちにお電話で事故に遭われたとご相談頂きました。

前回のダカーポの仕事ぶりを気に入って頂き、その修理をディーラーさんでもなく、中古車屋さんでもなく、コーティング屋さんのダカーポにお任せしようと思ってくださったそうで、ご入庫となりました。

お電話いただき、すぐに代車となるレンタカーを手配。

今回は停めていた時に被害に遭われたので、同じ車格のベンツEクラスが用意されてきました!

さて、ご入庫されて、お車を拝見すると、なかなか広範囲に及んでます。
ここで、傷や損害を見落とすと、保険で認められなくなるので、くまなく見て回ります。


グリルも傷や割れがあります。ライセンスプレートの傷も、樹脂のライセンスプレートホルダーの傷もあります。

ヘッドライトにも傷が…


というわけで、保険屋さんの調査部門のアジャスターさんが見に来ることになり。
翌日見にこられて、どういう修理が必要なのか、協議の結果、プランが確定。

そうして
2週間後、修理が完了しました。

蘇ったフロント周り!


しっかりと修理が完了しています。
もちろんガラスコーティングも鏡面に仕上げたのち施工してあります。


グリルも

ライトの傷も

塗装の破損箇所も

元どおり。

こうした修理など、ダカーポが信頼して提携している専門店や専門家、部品屋さんと協力しながら行なっていきます。

もちろんディーラーさんにウチから出すこともできます。
何が違うかというと、最後の美観の仕上げやオーナー様への説明などです。

再塗装した箇所はバフ目やオーロラが出ていて、元のように美しくはありません。
修理はどこでも一緒?ではありません。

美意識高い専門店だからこそ、
たくさんの車屋さんからコーティングを頼まれてるからこそ、選べたり、提案できたりする修理があります。
具体的にはウェブではかけませんけど…。

また、どんな修理をするのか、オーナー様とじっくりと打ち合わせて行いますので、
オーナー様が知らないままに進められてるというような怪しさがありません。

修理でお悩みのオーナー様はぜひ一度
セカンドオピニオン的にダカーポにもお問い合わせしてみてください。