磨きが終わり、脱脂をした後は
さらに脱脂シャンプーを使っての洗車へと移ります。

フェラーリは濡れると良くない部分もあるので、その部分はマスキングなどして対応。
高圧ガンではなく、ホースの水でかけて流すなどその部分に合わせた洗車を行います。


泡はその都度目的別に変えられるので、ここでは脱脂用のシャンプーで洗車していきます。


ここで塗装面に傷を入れるわけにはいかないので、新品クロスを使って洗っちゃうんです。
で、拭きあげも新品を使います。


拭きあげはエアーガンを用いて隅々まで水滴を飛ばして、きっちり丁寧に拭きあげていきます。
そしてご覧のように、ホイールもピカピカに洗いあがりました!

窓ガラスには、透明感と撥水性能が際立つ、専門店専用の窓ガラスの撥水剤を塗り込んで仕上げていきます。


塗り込んでしばらくおいて、拭き取りをしていきます。


何かとトラブルの多い…というかダカーポに来たフェラーリで、きれいな塗装のフェラーリを見たことがないのですが、ようやく曇り1つない完璧な塗装面ができあがりました。

ホームページには掲載していないですが、売れ筋となりつつあるエクシード。
1工程目はプライマーを塗り伸ばしていきます。


2工程目は、主剤と硬化剤を混ぜ合わせボディー全体に塗り伸ばしていきます。


高級ミクロスエードの新品を使い、塗装面に傷を入れないよう優しく塗り伸ばしていきます。
塗り忘れがないように照明を当てながら、細かくチェックし、塗り忘れがないように完璧に伸ばしていきます。


その時の環境に合わせ、効果が進んでくるとこのように白く反応していきます。
このようになると拭きとりのタイミングになるので、乾拭きで仕上げていきます。


ボンネット開けたとこには、この塗装がどんなものかの証明ステッカーが貼られていました。フェラーリのオプション塗装は車が1台買えるほど上がると聞くので、緊張しちゃいますね。


さぁて、拭き取りのタイミングです!!
エクシードはこの拭き取りのタイミングが非常に難しいのです。
早くても遅くてもダメなのです。。。

きっちりと吹き上げると、とてもきれいに仕上がります。

ボディーがきれいになってくると目立ってしまうのがこうした樹脂の部分です。
コーティング前はきれいに見えるこの部分も、コーティングが仕上がってくると、くすんで見えてしまいます。しっかりと樹脂コーティング、シュバルツを施工しました。

さて、次回は完成編です。