黒ってかっこいいですよね!

ただ、塗装が柔らかいので傷がつきやすかったり、シミが目立ったりして、キレイに維持していくのは至難の技となります。

新車が届いて、納車前にコーティングをと入庫してきたN-BOXの黒

ぱっと見はキレイに見えますが、近づいて照明を当てて見ると…

傷ー!
シミー!!ポーン

新車購入して、この状態で来たらと思うと驚かれると思いますが、悲しきかなよくあることなのです。

ちなみに、洗車した後の状態です。
残っています真顔


給油口の周りには何かで磨いた痕がそのまま残されゲッソリ


エンブレム周りには、擦った痕が残っていましたチーン


こうした塗装面のトラブルはほとんど研磨で改善できますので、新車をほんとの新車に仕上げていきます。

今回は黒の難しさをみていただくため、
磨いた後、気を使わずに普通にコート剤を塗り込んでみました。

白っぽくもやーっとなってますよね。

ということで、やり直し、、、。

しっかり落としてやり直していきます
コンパウンドの残りがないか、
柔らかい塗装に適したコンパウンドか、、、など


そうしてしっかりチェックしながらバフの状態やコンパウンドの種類、ホンダの黒に合わせた施工で仕上げたのがこちら!!!



バッチリ決まりました