今回は新車納車から間もないタントに

友達のペットを乗せてあげたら、

そのペットが嘔吐してしまってフロアを汚してしまったというケース


ペットの飼い主さんが費用を出すとのことでしたが、フロアと運転席下側、エアコンの吹き出し口辺りに及んでいました。

実費だとキツくなるので、使える保険を確認すると、ペットの保険に入られてたので、その保険を使ってのクリーニングとなりました。


まだまだこれからの新車での内装トラブルはショックも大きいですね…。



メインの嘔吐箇所ですが、写真ではわからないほどですが、匂いはしっかりとしております。


フロアの中にどの程度侵入したか不明なので、シートを全て外して、フロアカーペットをめくってみました。



保険屋さんとの協定の結果、カーペットは交換OKとのことで新品へと交換します!

保険が使えてよかったですね!



カーペット外すとこんな感じです。

では、クリーニングスタート!


ほんのり臭う液体が、、


発泡スチロール外して清掃清掃!!


洗剤とスチーム、乾燥を繰り返して臭わなくなるまでクリーニングします。


火傷のリスクよりもやりやすさを取る施工スタッフ…。


左手のビニール手袋破れてますが気にせずやってますね💦臭いをとってやろうと必死です!!


しっかり吸い取って、乾かせていきます。


それぞれの匂いが取れたら、全て組み戻して、オゾン脱臭と二酸化塩素消臭システムresetを施工して完成となりました!!


車内の臭いでのトラブルは、確実な結果を出せるダカーポまでご相談ください!!


すぐに頼めるからと、結果を出さないお店に出すと5万から10万円が無駄にしてしまうことにもなりますので、悩んでる最中の方が更なる被害に遭われませんように切に願って施工に取り組んでおります。

…今も横には他店でやって取れなかったタバコの匂いに悩むノートを施工しております。


このノートの施工の様子は別のブログでご紹介いたします。