在宅介護を考える番組

テーマ:

ETV特集「亜由未が教えてくれたこと」

 

録画していた番組を見ました。

あっ、勝手にリンク貼っちゃった大丈夫かな?

怒られたら消しちゃうかも。

 

私の夢は、相方と一緒に暮らすことです。

私は、相方と一緒に居ることを

「介護」と思ったことは、多分、ほぼ、皆無。

(都合の良いように思い出を変えているかも。(^^;

番組に出ていたご家族も「介護」とは思っていないように思えました。

ただ、一緒に居たい。って思って一緒に居るだけ。

それは、私が、最初にどうするかを考えたときに

「相方と一緒に居たい」って思ったことを思い出しました。

 

人は、元気でも、出来ることと出来ないことがある。

そして、出来ないことがあって、お手伝い出来るなら

お手伝いする人もいるでしょう。

 

例えば、道に迷子になっている人が道を聞く。

自分は、道を知っているから教える。

 

私には、相方と一緒に過ごしてきた日々は、

そういう気持ちがベースでした。

だから、気が付けば長い月日一緒に居れたのだと思います。

「介護」って思っていないから、

私が「行きたくない」って思ったら、行かないし。(笑)

相方とも普通に喧嘩するし。(笑)

 

ただ、夢は一緒に暮らすこと。

介護だとは思っていないから、

一緒に暮らすのに条件を考えています。

 

1.右手を動かすこと

2.言葉を話せること。

 

それが、出来れば、もう、介護じゃなくて、自立だと思っているし。(笑)

それまでの間、今お世話になっている場所の皆さんのお力を借りようとおもいっきり甘えさせて頂いています。

 

そのために、会うたびにその練習を意識しています。

 

また、私自身も、一緒に暮らすための経済的環境構築を推進中。

 

その夢のために、今は、一緒に居れる時間が十分ではないかもしれませんが、いつか、それを実現するつもりですから、今は、お互いに「我慢」の時期だと思っています。

 

番組を見ていて、思ったのは、等身大で素直な気持ちが、素直に表現されている番組だと思いました。飾ってないし、気張ってもいない感じがした。

凄いなぁ。って思ったけど、やっぱり、将来どうするんだろう?とも思った。

多分、それは、皆さんが、私たちに対しても思ったことがあることなのかもしれませんね。

なので、番組に出ていたご家族から見たら、「いえいえ、凄くないですよ。だって、そういう人生を自ら選んだのですから」とお話しされるかもしれませんね。

 

まだまだ、私にはやりたいことがいっぱいあります。

ふと、いろいろと考え、感じる番組を見ました。

 

相方もそういえば、最初は、植物状態って言われて、開眼もままならず、気管切開していたので声も出せず、今は元気な左手もろくに動かせなかった。ってか、完全に身動きしない寝たきりでした。それを思い出しました。まだ、出来ないこといっぱいあるけど、出来ることいっぱい増えたなぁ。って懐かしく思いました。

 

それとともに、もしかしたら、番組に出ていた方もまだまだ若いし、可能性があるかもしれないなぁ。って思いました。

ただ、私は医師ではありませんし、相方とも症状が違うので、実際は、分かりませんが。。。。

 

ただ、私は、医師が、診断した「ずっと寝たきりで回復しません」と言われた言葉を忘れないです。医師を恨んでいたりはしません。むしろ、そういってくれたから、私は、考え、こんちくしょーって思ったから、今があるのだと思っています。

当初は、「医師が言ったことが、変えられたなら、医学界に論文書いて、本も書いて、印税でがっぽがっぽ。」なんて、自分で、楽しい笑い話をいっぱい考えられましたからね。(笑)

そして、私は、医師も一人の人間だし、医療は、統計論によって成り立っているのだから、100%ではないのであれば、たとえ数字が少なくても、その数字が少ないほうの事例になればいいだけと思ったのですね。

相方の場合は、手術などやその他医療処置も落ち着いたときに、それを確信しました。さすがに手術や医療処置が残っているときは、私は医師じゃないので、自分では何もできないから、私の目指すところを自力では作り出せないかも。と不安でしたが、もろもろが落ち着いたときに、このあとは、自分でも作り出せる未来だ。って思ったのですよね。

 

他者が、何かを言ったとしても、当事者が目指す未来があるならば、いくらでもその道を目指していいと思いました。私はそれを実践している途中ですが、とりあえず、当初目標にしていた「自分でご飯を食べる」「私の名前を呼ぶ」「杖なしで歩く」などなど多くのことが、段階的ですが、実現出来ましたから、私は、誰でもできるかは分かりませんが、とりあえず、私は出来ました。と、そこは、自信を持ってお伝えできます。

 

私は、今はまだ、公の場に出るつもりはありません。

というか、お誘いもありませんけどね。(笑)

だから、今回番組を見て、自分たちの環境をさらけ出し、情報発信をしたご家族は凄いと思います。

私は、まだ、相方との関係もありますし、まずは、自分たちのことばかりを考えています。

私は、まずは、相方を守りたいし、相方との未来を創りたいと思っているからです。

 

それが、第一優先。

ただ、このブログが、少しでも、直接的ではなくても、間接的でも、少しでも誰かの何かお手伝いになればいいなぁ。と思っています。

 

私が、皆さんに出来るのは、ただただ、「こんな二人が居ます」ってことぐらいかな。(*^o^*)

 

私は、相方には、意地悪いっぱいしてきました。(笑)

暴言もいっぱいです。(笑)

身動きしていない時は、

「あなたは、生きている、動きたいなら自分でやらないと動かないよ」

今も

「右手動かしたいなら、話したいなら、自分でなんとかしなさい。まずは、本気で、動かしたい、話したいと思わなきゃ、自分で、何かを挑戦しなければ、何もしなければ、何も変わらない。何かをすれば、何か変わるかもしれない。出来るか、出来ないかではなく、自分を変えたいなら、何かを挑戦しなくっちゃ。頑張るなら、私はいっぱい応援するし、いっぱい褒めてあげる。やるのはあなたです。私には出来ません。」

 

それは、多分、相方と過ごしてきたから、感じた価値観かもしれません。もしかしたら、多くの人にも同じことが言えることなのではないか?と最近は思っていたりします。相方が一緒に居てくれたから経験出来た、今では、厳しいことだけど大切な価値観だと思っていますし、そういう経験をさせてくれた相方に感謝しています。

 

あれ?何が言いたかったんだっけ?(笑)

 

とりあえず、日々を楽しむことは継続する力になる気がしますので、私も相方と日々楽しく過ごそうって思ったのでした。(*^o^*)

 

※※よかったら、下記3つに登録してるのでよろしくです※※

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ

 

FC2 Blog Ranking

※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

AD