今回の記事ははDショップとしては間違いなく利益を下げる事につながる事ですあせる

しかもディーラーさんや他業者様にも多少なりとは影響はするかもです・・・

 

それは「メンテナンスパック」についてです。

 

イメージはこんな感じのものです。

まとめますと、新車の納車後の点検、及び車検をパックにしたものです。

内容は、点検、オイル交換、消耗品の交換、整備代等、お店によって様々です。

 

私たち業者にとっては、

「顧客の囲い込み」のメリットです。

新車を購入したお客様は3年後の車検までに必ずオイル交換はされます。

合わせて1ヶ月と6ヵ月の無料点検、有料の12ヵ月点検、そして車検と、他の業者さんで出されるぐらいなら自社でというのはごもっともです。

 

お客様にとってのメリットは、

「タイミングの連絡が来るので把握しなくても良い」、「車を買う時に未来の分を先に支払える」等多々あります。

 

10人のお客様がいれば10人考え方も違いますから、今回はあくまで私的な意見というのをご理解下さい。

 

Dショップで「メンテナンスパック」をやらない理由

 

まずはトヨタのサイトをご覧ください。

https://toyota.jp/after_service/tenken/about/maintenance/oilfilter/

ガソリン車を例にあげると「15,000キロ、又は1年」とあります。

 

オイル交換といえば「5,000キロで1回」というのが世の常識でしょう。

車屋の私も5,000キロでオイル交換してくださいねと言ってました。

 

しかし最近の車はメーカーが推奨するオイルを使用した場合、だいたい10,000キロから15,000キロが目安なのです❗️

 

新車はエンジンに対しては5年間の保証が付いてます。

例えば、推奨オイルで通常の乗り方で、15,000キロ又は1年に1回オイル交換をやっていて、エンジンが壊れたら、これはメーカー保証の修理です。

 

ただ、Dショップのオイルは純正のオイルではありませんので、Dショップのオイルのように多少リーズナブルなオイルの場合は、私も今まで通り5,000キロに一回でお勧めします。

 

ここで疑問が・・・

純正のオイルで交換するとすると、5,000キロもしくは半年の時のオイル交換は必要ですか??

 

車屋さんのセールストークとしては、車検までのオイル交換等を一回一回やったとすると、最初にまとめた方がお得ですよっていうのがミソですから、15,000キロがメーカーの推奨交換時期の車の場合、メンテナンスパックは要りますか??という話です・・・

 

本当は、会社としてはメンテナンスパックやりたいですが、

Dショップとしては遠方のお客様が多い事、スタッフが少人数で管理しきれない事、そして昨今の車のオイル交換目安の変化に伴い、Dショップではメンテナンスパックは当面取扱はしない事とさせて頂きます。