日本人の体力びっくり

「非常事態宣言ガーン戦後、日本に西洋文化が入ってきて、一見、豊かになったようにも見えますが、古き良き日本文化が忘れ去られてきて、取り返しのつかない事態になってきておりますガーンガーンガーンでも、今だったら間に合うニヤリ一人ひとりが気づいていけば・・・ニコニコドキドキ

日本人の体力といえば…ニコニコ!!
 
私の祖母は明治生まれ、長年百姓をしてきた人で、指の爪は分厚くすごい手をしていました。祖母の爪を切るのは私の役目で、柔らかくなったお風呂上がりに・・・。なぜなら、硬くて切りにくかったからなのです照れ
 
体力にしても、ただならぬ体力びっくりびっくりびっくり
 
私は三池炭鉱の近くで育ちました。おぼろげに覚えている祖母とのエピソードがあります。
私が3歳の頃、祖母は75歳ぐらいでしたでしょうか?リヤカーを新しい家まで運ぶため?に祖母が私と姉をリヤカーに乗せて引っ張って運んでくれました。
調べたら2km以上ありました。長い長い一直線のまだコンクリートで舗装前の広い道路で、3歳だった私が、わりとリアルに覚えているということは、かなりと楽しいひと時だったからでしょうラブニコニコ
 
私にとって、戦前生まれの日本人のすごさは桁違いというのは、昔から想像していたことでもあります。
そして、その質素な食生活もニコ目
 
 

日本人の体力 ←---クリック(こちらのリンクから転載させていただきましたm(_ _ )m

 

----------<引用開始>----------
 

2010-02-04 15:41:19 | 思い

 明治期までの日本人が、今と比べればとてつもない体力を持っていたということは、当時日本を訪れた外国人の残した多くの文献に記されている。今回はその中の幾つかを紹介してみたい。
 まずは、ドイツ帝国の医師・ベルツの手による「ベルツの日記」から。
 エルヴィン・フォン・ベルツ(1849~1913)はドイツ生まれ。ライプツィヒ大学で内科を修めた後、27の歳に明治政府によって招聘され、以後29年間日本に滞在する。幕末から明治にかけて日本が「殖産興業」を目的に先進技術や学問・制度を輸入するために雇用した、いわゆる「お雇い外国人」の一人だった。東京医学校(後の東京大学医学部)において医学や栄養学を教授し、滞在中日本人女性(花子)を妻に娶っている。
 そのベルツが、ある日東京から110km離れた日光に旅行をした。当時のこととて道中馬を6回乗り替え、14時間かけやっと辿り着いたという。しかし二度目に行った際は人力車を使ったのだが、なんと前回よりたった30分余分にかかった(14時間半)だけで着いてしまった。しかもその間は一人の車夫が交替なしに車を引き続けたのだった。
 普通に考えれば、人間より馬の方が体力があるし格段に速いはずなのだが、これではまるで逆である。この体力はいったいどこから来るのだろう。ベルツは驚いて車夫にその食事を確認したところ、「玄米のおにぎりと梅干し、味噌大根の千切りと沢庵」という答えだった。聞けば平素の食事も、米・麦・粟・ジャガイモなどの典型的な低タンパク・低脂肪食。もちろん肉など食べない。彼からみれば相当の粗食だった。
 そこでベルツは、この車夫にドイツの進んだ栄養学を適用すればきっとより一層の力が出るだろう、ついでながらその成果を比較検証してみたいと、次のような実験を試みた。「ベルツの実験」である。

 22歳と25歳の車夫を2人雇い、1人に従来どおりのおにぎりの食事、他の1人に肉の食事を摂らせて、毎日80kgの荷物を積み、40kmの道のりを走らせた。
 然るところ肉料理を与えた車夫は疲労が次第に募って走れなくなり、3日で「どうか普段の食事に戻してほしい」と懇願してきた。そこで仕方なく元の食事に戻したところ、また走れるようになった。一方、おにぎりの方はそのまま3週間も走り続けることができた。


 当時の人力車夫は、一日に50km走るのは普通だったという。ベルツの思惑は見事に外れたのだった。彼はドイツの栄養学が日本人にはまったくあてはまらず、日本人には日本食がよいという事を確信せざるをえなかった。また彼は日本人女性についても「女性においては、こんなに母乳が出る民族は見たことがない」とももらしている。それらの結果、帰国後はかえってドイツ国民に菜食を訴えたほどだったという。 
 西欧人から見れば粗食と見える日本の伝統食が、実は身体壮健な日本人を育てる源泉だったという証左は枚挙にいとまがない。例えばフランシスコ・ザビエルは1549年(天文18年)に、「彼らは時々魚を食膳に供し米や麦も食べるが少量であるただし野菜や山菜は豊富だ。それでいてこの国の人達は不思議なほど達者であり、まれに高齢に達するものも多数いる」と書き残している。 
 

 

 

-----------<途中省略>-------------

 

 


 開国の頃、日本人は西欧人が、そして今の私たちが驚くほどに健康で頑強な体をしていたなりは小さいながらも実力では西欧先進国の水準を遥かに超えていた。これがやがては日清・日露、そして二度に亙る世界大戦で、人的能力では実質「世界最強」を示したわが国軍事力の礎ともなるのである。それは白人優越主義時代のただ中にあって、生の日本人の姿を見た欧米人にとっては信じがたい、けれども歴然とした事実だった。
 しかし、にもかかわらず明治政府は、ベルツの研究結果よりもドイツの「栄養学理論」を重んじて、フォイトの「欧米人並みに体を大きくする栄養学」の方を選んでしまった。
 ドイツの栄養学者・カール・フォン・フォイト(1831~1908年)はミュンヘン大学の教授であり、また栄養学においては当代一流の権威を持つ人物だった。彼は健康そうなドイツ人の食生活調査から、体重64kgのドイツ人は一日当たりタンパク質118g、脂肪56g、糖質500g、およそ3000kcalを摂ることが望ましいと算出していた。
 そこで政府はその理論に基づき、当時の日本人は小柄で体重が52kg程度だったことから、これを比例配分してタンパク質96g、脂肪45g、糖質415g、2450kcal」を日本人の栄養所要量と定めた。これは当時の日本人の食生活「タンパク質56g、脂肪6g、糖質394g、1850kcal」を大幅に超えるものだった。元々「低タンパク・低脂質・高糖質」で健康だった日本人に対して、ドイツ人並みの「高タンパク・高脂質・低糖質・動物食中心」の食事に改めるよう指導したのである。ここから日本の「カロリー・栄養素計算偏重主義」、西洋の栄養学一辺倒の現実離れした健康政策が始まる。
 フォイトの理論はもちろん、日本とは気候も風土も人の体質もまったく違うドイツにおいて築かれたものである。例えばドイツは北緯50度という、温暖な日本(北緯35度)に比べれば緯度的には樺太並み。ちなみにベルリン、パリ、ロンドンの年間気温はいずれも10度前後で、日本で言えば青森や盛岡のそれに当たる。そこでは寒さのため当然ながらエネルギー消費量が多いので、どうしても高カロリーの食事を摂らざるをえない。また稲も育たず豆や野菜類も採れにくいので、いきおい肉や乳を食事の中心に据えた食習慣となっている。あまりに日本とはかけ離れている状況なのだ。この時導入された栄養理論を、その著書「伝統食の復権」の中で島田彰夫博士は「北緯50度の栄養学」と呼んでいる
 しかし明治政府は盲目的に「近代栄養学」を推し進めた。政府のこの姿勢は大正・昭和と受け継がれ、あれから100年以上経った現在に至るまで脈々と受け継がれている。先般厚生労働省の定めた「日本人の食事摂取基準」(2010年版)によれば、運動程度が平均的な18~49歳男子のエネルギー摂取基準は2650kcal/日となっている。明治政府の定めた突拍子もない基準を更に「上乗せ」しているのだ。当時と比べて日本人の体位が向上している側面があるにはあるが、それにしてもあまりに多過ぎないだろうか。明治の壮健だった日本人は1850kcal(ただし男女含めた成人の推計値)なのである。「北緯50度の栄養学」は、いまだ日本に生き続けているようなのだった。

 

【冒頭の写真は、エルヴィン・フォン・ベルツ】

 ----------<引用終了>----------

 

私の小学生の時の食生活も質素でした。周りの同級生の家庭には西洋が入ってきてスパゲティやらオムライスやら、ほんとうらやましかった。そんな中、私の家庭はほぼ粗食一本やりでした(~_~;)

 

そんな私でしたが数年前までは普通に毎日のように肉魚をたべていまして、中年期にさしかかると普通に中年太りしました。

 

でも、今は、なるべく玄米・菜食・砂糖抜きを実行し、10kgほど痩せて、昔ほどに体重も戻り、体力にも自信があります。

 

肉食より菜食の方が体力があると断言できるほどの結果はでていませんが、菜食でも普通に健康に暮らせるということは実感としてあります。最初は切り替えが難しいけれど、だんだん、細胞が慣れてきて、野菜でしっかりと栄養がとれている感じがします。それよりなんとなく体がすっきりして爽快です。

中年になって、額に浮く油で困っていましたが、今はもう油は浮かなくなりました(#^.^#)

 

日本人の素晴らしい部分、私たちの祖先が残してくれた大事なことを一緒に思い出して、感じていきましょう。実体験として知らなくてもDNAが覚えていますとも爆  笑!!

次回もまたのぞいてみてくださいねニコニコニコニコ照れ