昨日は手術前の不安を書き、明確化したものの、なるようにしかならんなという答えだったように思います。

ただ、これまで私は、看護師であり、自分は大丈夫という思い込みがあり、意外とガラスのハートの持ち主だったことに驚いていたりもします。

看護師で多少は医療知識があるため、身内に病人が出たら、医師の病状説明に同席し、病院とのかけひきなど、コーディネーターのように振る舞っていました。

いざ自分が病人となり、誰にも助けてもらわなくても大丈夫、自分の事は自分でできる。

夫を含め周囲の人に迷惑かけなくないという気持ちが先行していたように思います。

また、これからおこりうる苦痛や情けなさなど様々な感情がおこるであろうことを想像し、告知を受けたくらいでまだまだ、気持ちは大丈夫と自分に無理に言い聞かせておりました。

 

しかし、告知から1か月ふとしたきっかけて、心が爆発しました。

 

第二の患者にならないで

第二の患者にならないで2

第二の患者にならないで3

 

結果爆発して良かったです。ブログに愚痴を吐き出して良かったです。

悲劇のヒロインばりに夫にとって、私はお荷物になるかもしれない、これから先、違う人生を歩んでもらった方がお互いのためになると思い込んでおりました。

別居覚悟で、不動産屋さんに駆け込む勢いでした。

 

ブログを書くことで、人を妬んだり、勝手な思い込みでイライラしていた自分を発見し、素直な気持ち

つまり平常心を取り戻すことができました。夫をはじめ、周囲の人への感謝の気持ちが薄く、結局は意固地になっているだけで、甘えることを知りませんでした。

 

 

3年ほど前から更年期となり、無性にイライラしたり、無性に物悲しくなったりと情緒不安定な時もあり、夫にも物を投げたりして無茶苦茶、嫌な奴だったと思います。なんで分かってくれないのという気持ちばかりで、まず相手をわかろうとすることもしなかったように思います。

内分泌療法が始まり、この更年期の症状が強くなったらどうしようという不安もありますが、

今は、以外と落ち着いております。

 

平常心を保つためにしていること

 

◎ 口角を下げない。

  →楽しくなくても、口角を上げる。

   今もパソコンを打ちながら、アントニオ猪木さんのように口角を上げています。

   決して喰いしばっているわけではありませんよ。

   始終、への字口だと、発する言葉も捻じ曲がってしまうように思います。

   だから、ニコリとした表情を保つことにしています。

   何故か、楽しくなる時もあります。

 

◎決めつけない。色々想像する。

 →以前は瞬間湯沸かし器のように、イライラし、常に沸騰状態でした。

  それは、すぐに自分のなかで決めつけて、勝手にイライラしておりました。

  後々にイライラの原因をたどれば、ほんとにしょーもない事ばっかりです。

  

  例えば、スーパーで通路を塞いで話に夢中になっている奥様方にイライラして

  おりましたが、奥様方も愚痴を吐き出したりして、ストレス解消しているんだな~

  旦那さんの文句など、言い出すと止まらないもんね~など

  まず想像してみて、イライラせずに回避するようにしています。

  イライラしても自分が疲れるだけで、奥様方と私には何も関係ないことだと思うように

  しています。

 

◎人と比べない

 →友人に結婚2年で癌により、卵巣・子宮を全摘した人がいます。

  今連れ添って20年弱です。

  事あることに、友人の旦那さんを褒めている私がいました。

  妻のいうことをしっかりと受け止めておられてうらやましく思っていました。

  そりゃ、当然ですよね、悲しい事や辛い事、一緒に乗り越えて来られた二人なので、

  私達は足元にも及びません。比べられていた夫の気持ちを考えると申し訳ないと

  思っています。

  病気に対しても、他の闘病ブログを見ると自分より軽い、

  重いと判断してしまいがちですが、あまり深く考えないようにしています。

  

 

◎恩返しする。

 →一定の治療が終了し、体力や気力が復活し、普段の生活に戻るまで、甘えさせてらう。

  その分、治療後は元気になり恩返しすると決めている。

 

 

◎自律神経を整える。

 →入浴後、ふくらはぎを冷たい水と温かい湯と30秒ほど交互にシャワーをあてる。

  爪モミをする。

  腹式呼吸をする。

  なるべく歩く。

 

◎薬をうまく利用する。

 →更年期症状対策で、当帰芍薬散を定期服用しています。

  不眠やうつ傾向が強くなるようであれば、早めに精神科受診しようと考えています。

 

◎ブログに書く

 →ブログに書くことで、自分自身を内観でき、ニュートラルな気持ちになれる。

 

◎動物のブログや動画を見て癒される。

 

 

以上手術前に平常心でいたいために、自分なりにボチボチと行っていることでした。