闘球から連想 part 2:その他の動物 | cynthia-dr-murazumiのブログ

cynthia-dr-murazumiのブログ

ブログの説明を入力します。

前回はラグビー選手のポジションを動物にたとえたものを紹介しました。今回は単純なイメージとして自分が連想した動物を紹介します。

フォワードの選手の体形やスクラムを組む姿から連想したのが、ジャコウウシの群れです。前回のフォワードのたとえにサイやゾウがいました。確かにサイが突進する姿は迫力がありますが、何か違うのです。

 

 

ジャコウウの群れや寒さ・敵から身を守るために円陣を組む姿の方が、よりイメージに合っているように感じました。

 

群れの移動

円陣

 

その次にアフリカスイギュウも思い浮かびました。

 

ライオンをど突くことも

 

ブレイクダウンで選手が密集して球を奪い合っている様子からは、ミツバチがスズメバチから巣を守るために集団で蒸し殺す「熱殺蜂球」(hot defensive bee ball)を連想したりもしました。