ドクダミ | cynthia-dr-murazumiのブログ

cynthia-dr-murazumiのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

近所の公園でアジサイを撮影していた際に蚊に刺されたことは一昨日に記しましたが、周囲にはドクダミの花も咲いていました。

 

 

今回蚊に刺されたことと、ドクダミを見たことで子ども時代を思い出しました。

乳幼児から小学校低学年の頃にかけて虫刺されに対する過敏反応である小児ストロフルスに罹ったことがあります。赤ん坊の頃の記憶はないですが、痒みで眠れないくらいで、患部を掻かないように包帯を巻かれたりもしていたそうです。とにかく蚊に刺されると赤味がとても強く表れ、激烈な痒みを感じ、数日間くらい続くのでした。皮疹の真ん中に小さな水疱ができたりしていました。

この症状にドクダミが効くと聞いた親がドクダミを煎じて飲ませてくれました。はじめは漢方薬局から購入していたのですが、そのうちに庭に自生していたドクダミを採って天日干しにして煎じていましたね。

本当に効いたかどうかはわかりませんが、成長と共に発症はしなくなりました。

夏になると麦茶といっしょに飲んだドクダミ茶を思い出します。