同門会誌 | cynthia-dr-murazumiのブログ

cynthia-dr-murazumiのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

北海道大学医学部形成外科の「同門会・教室年報 2018」が届きました。

 

 

同誌は2006年から発行されていて、今年で14冊目になります。17年半同教室(医局)に所属していた同門会員でもあり、2007年発行のものから拙文を投稿させてもらっています。今年も掲載してもらいました。

 

目次から抜粋

 

投稿文は卒業期順に掲載されるのですが、自分の位置がずいぶん上になってしまって恐縮しています。

立派な先輩と優秀な後輩に挟まれて肩身が狭いです。とくに後輩では、関堂充先生が筑波大形成外科教授、小山明彦先生が福島県立医大形成外科教授、古川洋志先生が愛知医大形成外科教授になっています。森弘樹先生は東京医科歯科大学から北大に国内留学された方で、医科歯科大形成外科教授になっています。

実は、この12年間(12回分)医学・医療とはまったく関係のないテーマでシリーズで投稿していました(このブログもそうですが)。シリーズは完結したので、どのようなものだったかはいずれ紹介したいと思っていますが、会誌が同門会員だけでなく、北大の関連病院や全国の大学医学部形成外科教室にもお届けしているそうなので、今思うと駄文ばかりで恥ずかしい限りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コスメディカルクリニックシンシア渋谷院院長 Dr村住さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ