<TIME> 2017 Fluidity フルイディティ 在庫のご案内。 | cyclist OGGI

cyclist OGGI

横浜市青葉区みすずが丘にあるスポーツサイクルショップです。 
商品情報・日々の出来事など書いていきます。                      


テーマ:

今日は、店頭在庫のフレームご紹介です。

もしかすると探されている方もいらっしゃるのでは?と思います。

 

フランスブランド「TIME」

 

カーボンフレームのパイオニアブランド「TIME」。

TIME社は、カーボン繊維から編み上げてフレームを作る、数少ない「1から作るメーカー」です。カーボン製フレーム界で、卓越した技術を持ち、RTM工法という、自転車のフレーム製造にもっとも適した技術で、フレームの各チューブを製造しています。航空機やF1でも使用しているTIME社だけが持つ独自技術です。

 

「いつかはTIME」

 

そんな言葉があるくらい、憧れのブランドとしてのイメージもありますよねポイント。

 

そんなTIMEですが、2018年モデルで大きなグラフィックチェンジが行われました。

TIMEの「T」のロゴを大きくあしらった、今っぽいシンプルなデザインに変わりました。

 

ですが・・・。

 

今までのデザインのファンの方には、「う~ん…。」となることも多いのも事実。

 

17年までのTIMEのフレームを探されている方もいらっしゃるのでは??

 

実は、OGGIに17年のフレームがございますっポイント。

 



2017 <TIME> Fluidity フルイディティ Size:XS Color:レッド ノーマルフォーク・ノーマルシートポスト ¥460,000(税抜)

 

TIMEの中でも、群を抜いて振動吸収性の高いモデルです。

設計は、ややロングライドに向き、高すぎない剛性と快適性から非常に乗りやすいモデルと思います。

ただ、そこはTIME。

決してロングライド用のもそもそっとした印象のフレームではありません。

フレーム重量以上の軽快感と、反応性も感じられ、ホビーレースで走る僕らには十分に走りに満足していけるフレームです!

 

いままでにも、お声をかけて頂くことはありましたが、サイズやカラーが違うものになったりと…、たまたま残っている1本です。

 

TIMEはやっぱりカーボン目が出ていなきゃ!!

そんなコメントを頂きそうな、気がしてきます。

とても美しいカーボンの仕上げは、最近ではとても貴重なものになってきました。

 


バックステーは、快適性を重視して、湾曲した設計になっています。

 

 

 

また、このFluidityは優れた耐衝撃性・振動吸収性を持つ「バイブレーザー」という素材を、フラッグシップのSCYLONよりも2倍編み込まれており、TIME独自のRTM製法により、横剛性を損なうことなく前後方向の振動のみを吸収する性能を持っています。

 

以前、イタリアに行ったときに実感したのですが…

向こうの方は、普通のおじさんに見えてものすごーくよく走られる方が多いです。しかも、これが速いっ!

このフレームは、そんなヨーロッパのロードバイク乗りの奥行を感じるイメージです。ゆっくりロングライドはとっても快適。頑張って走るロングライドもロードレーサーとしての性能の高さを感じる。そんな印象です。

 

「より遠くにより速く」そんなコピーが似合うフレームだと思います。

 

2017年のTIMEをお探しのお客様。

お気軽にお問合せいただけたらと思います。
 

 

お問合せお待ちしております。

 

 

 

cyclist OGGI

住所     横浜市青葉区みすずが丘2-29
営業時間  11時~19時30分
定休日    毎週火曜 水曜 (祝・祭日は営業)
駐車場    3台あり
アクセス   東急田園都市線 江田駅より徒歩約10分
                   あざみ野駅よりバス5分
TEL     045-979-1120
MAIL          info@cyclist-oggi.com

 

 

 

cyclist OGGIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス