スタッフ ミネの輪行旅行in釧路 ~歴史~ | サイクルプラザ スタッフブログ
2019-03-12 14:46:29

スタッフ ミネの輪行旅行in釧路 ~歴史~

テーマ:ブログ

 

春なのに~♪

寒々しいブログになってすみません…

こんにちはスタッフ ミネです。

前回からの続き大楽毛駅から出発した私はまず釧路で2番目に建てられた鳥取神社へ向かいます。

前回のブログはこちら

「スタッフ ミネの輪行旅行in釧路~旅立~」

 

最初の写真は新釧路川の模様で、びっしり凍っております。

こんなに大きな川で凍ってる状態は札幌では見ることありません。

インド人もびっくりです。

 

鳥取神社

 

大楽毛から約7kmほど走りついたところは鳥取神社です。

明治24年に建てられた鳥取神社、100年以上もある歴史ある場所です。

(肝心の神社の写真がない…)

写真奥にある開拓資料館は昭和59年に100年記念として建てられたもの、手前の馬はなぜあるのか…

調べたところ、釧路は日本釧路種という軍用馬の生産地だったそうです。(大楽毛駅前にも同じ像があります)

軍用馬といったら戦国時代やナポレオンなどの馬を想像しますが、どうやら小ぶりでどっしりした体格に見えますね。

 

こんな石碑も…

 

この地域は鳥取町といわれますが、鳥取県となにか関係があるのかなと思ったら、やはりそうでした。

「明治17年、18年に旧鳥取士族513名が、現在の釧路市鳥取地区に移住し、この寒冷の大地に開拓の鍬を入れるなど、歴史的にも極めて結びつきが深いところから、昭和38年に姉妹都市を提携しました。」(釧路市ホームページより

 

お参りも済ませ次の場所へ

 

幣舞橋と四季の像と釧路フィッシャーマンズワーフMOO

 

釧路といえば幣舞橋、と以前仕事でよくおとずれていましたが、詳しくは見ていなかったので、まじまじと(ウロウロ)見学してきました。

この幣舞橋は釧路川を架ける日本百名橋の一つです。

明治22年に作られた「愛北橋」がもととなり、いまでは5代目と、こちらも歴史が長く、道東の供給拠点としての釧路を支えている重要な橋(今は使わなくても別な道があったりします…)です。

札幌の豊平橋も日本百名橋の一つで名橋は北海道に三つあります。

 

釧路港文館前の石川啄木像にて

 

そんな幣舞橋からわずか数分のところに港文館があり、石川啄木が76日間釧路新聞社に滞在した記録がある資料館があります。

(例にももれず建物の写真を忘れる)

石碑には「さいはての駅に下り立ち雪あかり さびしき町に あゆみ入りにき」と小奴宛の詩が載っています。

(妻宛とは言っていない…)

資料館を覗くとこの釧路での取材活動で様々な詩を残しており、短い期間であったが、いろんな意味で活発的な活動をなさっていたことがわかります。

詳しくはこちら→港文館のHP

 

石川啄木がよく通った旅亭や芸者の跡地に石碑があります。

 

今回は三つだけ探しましたがこのほかにも24か所あるそうですので、啄木の情緒豊かな詩と取材跡をたどってみるのもいいかもしれません。

場所は変わって、幣舞橋を渡って丘を登ったところに「釧路生涯学習センター」があります。

 

 

ここには幣舞橋、釧路川、釧路港を一望できる展望台があります。

 

 

展望室にも当時の風景写真が飾っており、初代「愛北橋」、4代目「幣舞橋」の様子が見れます。

さて午前最後の場所は釧路最も古くに建てられた「厳島神社」へ向かいます。

 

 

その行く先にある佐野碑園とういう場所があり、ここには釧路の語源となる「クスリ会所」の跡地があります。

江戸時代からアイヌとの交易が行われてた場所でもあり、ここからクスリ→釧路とつながるわけです。

そしてたどり着いた「厳島神社」

 

 

漁業安全のために文化2年(1805年)に創建された神社で、ここが釧路の原点となります。

(現在の建物は昭和27年に新造されたもの)

境内には釧路靖国神社もあり、こちらでお参りを済ませました。

 

今回改めて釧路を見つめなおしてみたところ、こんなにも身近に歴史的なものがたくさんあるんだなと感じました。

よくよく考えると、明治以前はアイヌと和人の交易、明治以降は開拓と対ロシアとの国防上の重要拠点として発展していった経緯があり、新し元号を迎えるにあたりこういった歴史を勉強するのもいい機会だなと感じた次第です。

 

さて、一日目午前の部はこれでおしまい

昼食に久しぶりの泉屋本店へと思ったら。

 

定休日…

 

スパカツを食べたかったのに…残念!!

 

駅前で昼食をすまし、午後はサイクルツーリズムセミナーへ参加しに行きます。

ここで知ったこと、未来の自転車環境について次回述べたいと思います。

続く…

 

 

サイクルプラザさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ