スタッフ ミネの輪行旅行in釧路 ~旅立~ | サイクルプラザ スタッフブログ
2019-03-05 17:07:04

スタッフ ミネの輪行旅行in釧路 ~旅立~

テーマ:ブログ

雪が解け始めて自転車が乗れるようになってきたので、点検しにもって行こうとしたら、同じ人で大混雑だったりしますよね?

 

こんにちはスタッフ ミネです。

 

幸いにもまだまだ点検の件数は少ないので、お時間がありますようでしたら、ぜひ早めに点検にお持ちくださいませ!!

 

(当店でご購入の方は点検無料です!!)

 

さて、今回は表題のとおり、先月輪行で釧路へ行ってまいりましたのでそのレポートです。

(時が経ってしまってすみません…)

 

約2年ぶりに輪行をするのと、MTBでは初めてでしたので事前に練習をしておりましたところ、手持ちの輪行袋には入らない事態になり買い足しをする羽目になりました…皆さん輪行旅行の場合は事前に練習やシュミレーションしましょう!!

 

使用した道具は下記のとおり

 

自転車…JAMIS KOMODO 27.5+(セミファットです)

輪行袋…TIOGA  29er Pod ¥5,600+税

そのた…TIOGA Rear End Holder Ⅱ¥2,900+税/TIOGA Sprocket Disc Protector ¥1,300+税/TIOGA Frame Protector ¥1,400+税

 

これら一式で↑の写真のとおり分解し袋に収めました。

実際にはハンドル幅が720mmあるので、ハンドルは外すことにし、綺麗に収まるようになりました。

 

中央バスターミナルにて

 

そして、待つこと深夜バスの中

「シートが倒れぬ!!」

(後日自分の操作ミスだと発覚)

 

とまったく睡眠がとれぬ状態で朝の4:30に到着、着いた場所は…

 

バス停前にある何かの建物

大楽毛駅近くの道端でした…

 

もうね、-13度の中必死に組み立てしましたよ。

 

寒さと格闘しながら30分、手が思ったように動かぬ状態でなんとか組み立てが終わり、速攻で駅に退避しました。

 

大楽毛駅内

 

暖房もなにも無いですが、断然外より暖かく、まずは顔洗いと歯磨きをさせていただきました。

(ホットコーヒーを買おうとポチったら、アイスコーヒーを買ってしまったのはまた別の話…)

JRさんありがとうございます。

ちなみに大楽毛はアイヌ語「オタ-ノシキ」からきてまして、砂浜の中央という意味だそうです。

海岸沿い近くに駅はあり、戦後は製紙工場などのパルプ材を運搬する駅として活躍し、トラック輸送に切り替わると役目がおわり今は無人駅として残っています。(ウィキペディアより)

 

無人駅独特の雰囲気が好きです…

 

5:30ぼんやりと明るくなったところで行動開始、1日目は釧路市内の歴史的ものを見て回り、午後のセミナーへ参加という予定です。

 

今回はここまで、続きまた

サイクルプラザさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ