診断基準

I.主要症状等
1.脳の器質的病変の原因となる事故による受傷や疾病の発症の事実が確認されている。
2.現在、日常生活または社会生活に制約があり、その主たる原因が記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの認知障害である。

II.検査所見

 MRI、CT、脳波などにより認知障害の原因と考えられる脳の器質的病変の存在が確認されているか、あるいは診断書により脳の器質的病変が存在したと確認できる。

III.除外項目
1.脳の器質的病変に基づく認知障害のうち、身体障害として認定可能である症状を有するが上記主要症状(I-2)を欠く者は除外する。
2.診断にあたり、受傷または発症以前から有する症状と検査所見は除外する。
3.先天性疾患、周産期における脳損傷、発達障害、進行性疾患を原因とする者は除外する。

IV.診断
1.I〜IIIをすべて満たした場合に高次脳機能障害と診断する。
2.高次脳機能障害の診断は脳の器質的病変の原因となった外傷や疾病の急性期症状を脱した後において行う。
3.神経心理学的検査の所見を参考にすることができる。

 なお、診断基準のIとIIIを満たす一方で、IIの検査所見で脳の器質的病変の存在を明らかにできない症例については、慎重な評価により高次脳機能障害者として診断されることがあり得る
また、この診断基準については、今後の医学・医療の発展を踏まえ、適時、見直しを行うことが適当である。

 

Iの1「事故の発生について」が事実であることは明白。

2の社会生活の制約とその主たる原因についても完全に当てはまる。立証するために、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害の4つに関して家族や友人、職場の同僚などに報告書の作成を依頼した。

 

タイトルは「日常生活状況報告」とし、記入年月日報告対象者氏名(私の名前)、報告者氏名対象者との間柄、そして「意思疎通能力、問題解決能力、作業に対する持続力と持久力、社会適合性の点において、社会生活・日常生活にどのような影響がみられるか、事故前後の生活状況の変化、現在支障が生じていることなど、具体的にご記入ください。
※交通事故による後遺障害の認定に必要な情報ですので、なるべく具体的に記載してください。」
と記載してお願いした。報告書は全て高次脳機能外来の担当医に提出し、カルテに入れてもらった。

 

II.検査所見が最も苦しい。

私は事故直後に脳の画像検査を受けさせてもらえませんでした。救急で対応した初診の医師が不要と判断してしまったのです。正面衝突で当て逃げ、車は廃車なのだから、患者のことを少しでも気の毒に思うのなら、念には念を入れて脳CTかMRIは行うべきだったのです。そうすればこれほど苦労しなくて済んだのです。事故発生から1~2日以内に検査を受けなければ意味がなくなる可能性もあります。

脳波についても、今回のナルコレプシーの検査をもっと早く受けていれば、もっと早くに診断がついたかもしれません。

 

ただ、画像が無くても、「診断書により脳の器質的病変が存在したと確認できる」の部分の解釈を拡大することで柔軟に脳損傷、高次脳機能障害の診断にたどりつける。カギになったのが石橋徹医師の診断書です。一旦脳損傷に詳しい医師にたどり着ければ、カルテや診断書に「外傷性脳損傷の疑い」という扱いになり、そうなると他の診療科目の神経学的精密検査がその流れに乗って動き出すことになる。異常が本当なら全ての検査で異常所見が連発することになる。特に神経因性膀胱の尿流動態検査はごまかせません。しかし、「外傷性脳損傷の疑い」のラインに乗らない限りそのような神経学的精密検査を受けることすらできない。そのような検査が存在することすら知らないままになる。ここが問題です。

 

それから、IV.診断の3、神経心理学的検査の所見もこのⅡの異常所見の一部として多少評価される。この検査は意図的な操作が可能であるかのように一部で考えられていますが、医師もバカではありません。わざとやっていれば見抜かれます。私は何度もウソをついていないかどうかを様々な方法で調べられました。

そして、最後の但し書きの部分も重要です。画像などの検査所見で明らかでなくても、慎重且つ総合的な評価で診断を下す場合がある。

 

しかし、裁判と労災はこの点について非常に厳しい。異常なほど厳しい。所詮は厳正な意味での医学的診断基準というよりも、行政的診断基準といったところなのかもしれません。ただ、私はこの診断基準で、外傷性脳損傷、高次脳機能障害の労災認定を受けました。

お待たせしました。

経緯は省きますが、私はリタリンという薬を処方されていました。

しかし、その医師が定年退職ということで、別の医師を探すことになりました。たどり着いた先でわかったのは、リタリンは簡単には処方できないという事実でした。ナルコレプシーの精密検査を受けて、薬の必要性が証明されることが前提なのです。

 

検査紹介を受けたのが、睡眠総合ケアクリニック代々木です。

1泊2日で受けた検査は「終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査」と「睡眠潜時反復検査(MSLT)」です。

 

「終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査」は夜間の睡眠中に何らかの異常がないかどうかを確認する検査です。「睡眠潜時反復検査(MSLT)」は2日目の朝に起こされてから9時,11時,13時,15時,17時と2時間ごとに眠るように指示され,脳波上,つまり医学的に眠気の強さや入眠を測定する検査です。

 

「終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査」の結果、睡眠時無呼吸症候群ではない。痙攣も無し。眠りの深さは十分で、入眠も早い。つまり病気ではなく、夜間の不眠が原因でもなく、睡眠の持続力不足もなく、心理的要因でもない。PSG検査上異常なし。つまり、心因性ではなく、外傷性であることが確定した。

 

「睡眠潜時反復検査(MSLT)」の結果、前夜行ったPSGでは総臥床時間11時間、総睡眠時間が9時間半以上にもかかわらず、2日目の朝6時半に起こされ、朝食をとった後の9時過ぎには7分後に入眠してしまうほどの重症。その後も2回目から4回目まで短時間で入眠してしまうほど日中の眠気が強いことが医学的に脳波という客観的検査で判明。5回目は不要のため検査は行わなかった。

 

2種類の検査の結果、外傷性ナルコレプシー(過眠症)、つまり外傷性脳損傷に伴う高次脳機能障害の典型的な神経症状である「易疲労」で診断が確定

 

以前、脳神経外科の高次脳機能外来で脳波検査を受けましたが、あれは「てんかん」などの脳損傷特有の脳波異常が出るかどうかを確認するためだったようです。特に異常はなかったようです。今回の2つの検査は時間と費用はかかりますが、易疲労の症状が強い方は、薬の処方を受けるためにも、そして外傷性であることを立証するためにもおススメの検査です。

 

更に付け加えると、リタリンは2~3時間で効果が切れてしまうので、日に2~3回飲まなければなりませんでした。薬物依存や臓器への悪影響などの副作用もあります。

今回はベタナミン25mgを処方してもらいました。リタリンほどの即効性はありませんが、薬の効果は日中長時間続き、飲み忘れの不安もなく、安心できます。薬の効果の弱さは2錠服用することでカバーできます。