ジャパニーズイングリッシュ

テーマ:
 大昔 アメリカで数週間働いて感じたことなんやけど アメリカでは 中国系はチャイニーズイングリッシュを話し ラテン系はスパニッシュイングリッシュを話し イギリス人はイングリッシュイングリッシュを話す。それでみんなコミュニケーションをとってうまく仕事していた。ほんじゃ 日本人は何を話すか 感じたことは ネイティブを話すことを目指すか 黙り込むかの2択だった。
 今夜 英語を話したいというお客様が来られて 熱弁してしまったんやけど。
 日本の英語教育に欠けてることは ジャパニーズイングリッシュが確立されていないことなんだと痛感したことを思い出した。
 文法とか発音とか ちょっと気にしすぎではないか。英語を学問ととらえてる日本の教育は ちょっとおかしい。まして大学入試に英語って?(笑) コミュニケーションをとれるかとれないかが 一番の問題なのに。
 アメリカ人の同僚とシアトルのスタバにコーヒー買いにいったら 店員さんの英語を何回も聞きなおしていた。その時は アメリカに来て間もない店員さんなんだと思ってたら スパニッシュの英語は分かりづらいと言ってた(笑)
 日本人も日本人独特の発音で勇気を持って ジャパニーズイングリッシュを話すことを 日本人英語教師が推し進める使命にしてほしい。仕事柄アメリカ人に接する機会が多いんだけど ほんとよく耳にするのは 英語が出来る日本人の話には 内容がないと言っている(笑) 国語が出来る日本人が ジャパニーズイングリッシュを話すことを アメリカ人は 期待している。