~後編・skirt作成→撮影22cmちゃん/Emily and Charles~ | Boîte de la poupée

Boîte de la poupée

Poupée 1:6 Aliments miniatures Préparation
Au théâtre de marionnettes.
des vêtements de poupée composer écrire Rires


テーマ:

 

こんにつは(ΦωΦ)ノスイートポテト

 

台風の影響が去った後は、日中暑いくらいの日が続いておりまつサイレントヒル。

季節の変わり目&フェンタイ気象で体調お気を付けてくださいませ。

 

本日は前回の続きで、エミリーたん撮影~andシャルルすぁんとの劇風味っす(✧≖‿ゝ≖)

 

先日の記事でサツマイモさんの煮物の後にスイートポテトを作ったので、少々イモバナに花さつまいも デコメ絵文字

 

 

ごゆっくりどうぞ♪

 

 

●´I`●´I`●´I`●´I`●´I`●´I`●

 

still, Warm days continue

 

*thumbnail*

 

 

●´I`●´I`●´I`●´I`●´I`●´I`●

 

 

イモバナ。

 

おいもさんは前回煮物にした後に、残りの割と大きめの芋はスイートポテトにしてみますたyoโ๏∀๏ใ

 

皮を剥いて後で潰すように程よく切ったイモをアク抜きで少々水につけておいた後は、レンジで珍してやわっこくしてグニグニと潰してゆくのだが、よく見たら我が家には現在マッシャーが無かったww

Food Processorはあるけど、後で洗うのがめんどっちなんでフォークで潰してるの図www

(´☣౪☣)

525g分もあるお芋さんをエッコラワショ~イと潰してゆく、肩こりちうい肩こり デコメ絵文字

 

 

 

牛乳、砂糖、バターなんぞを加えて練りっとさせてグンニャリさしる。

ちとグンニャリさせすぎたかwwまぁこんくらいならダイジョウビだろうと思いまし(´☣౪☣)

塩を少々入れると味が引き締まるが、うっかりと言うかやはりと云ふか入れ忘れる。

 

アルミカップの上に乗せて形を整え表面に卵黄を塗って焼きますん~。

ピタっと手袋がなけりゃ~両手でグニャグニャと粘土遊びのようにはやらないで、チュパカブラぢゃなくてスパチュラのようなものでアルミの上にポコッと乗せてから形を作る方が衛生的かもめ。

 

 

出来上がったの巻。

焼き上がりはデロンと伸びてるコトがあるので、アルミで左右を挟んで更に形を整えてあげるデス。

 

 

↓最終的には、525gのお芋でコレだけ出来ましたとさ(๑¯Δ¯๑)

ワシは弁当のおかずカップを使ったんで、どこかパッと見おかずっポイがww

 

 

スイートポテトだす(ΦωΦ)ニャギ~ンキラキラ

 

 

めちあがれ。

 

 

 

♦♫⁺♦・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦

 

 

 

ほんでや、えみりいーさん続きよろしこまsづあfぢいgkl(´☣౪☣)

 

 

 

エミリー 「あぁ、やっと終わりましたわ。なんかここ変なのがたくさん落ちていますのよ」

変なのいフナwギンナンぢゃね?(´☣౪☣)クサクはないが

 

エミリー 「そ、向こうの方にシャルルがいるから行ってきますわねバイバイ デコメ絵文字

 

リョ(´☣౪☣)ノ

 

 

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ 

 

 

シャルル 「エミリー、撮影は終わったの?」

 

エミリー 「今、終わったとこですわ」

 

 

 

 

 

エミリー 「時にシャルル、あなたはど~してココにいるの??キョトン

シャルル 「自分で呼びつけたんでしょムッ デコメ絵文字

 

 

 

シャルル 「仕事の後で買い物に付き合えって・・・・・」

エミリー 「あぁ・・・・ひらめき電球実を言うとアレはもう済んだから。今日は別にあなたはいらない子なの」

 

シャルル 「・・・いらない子言うなダウン

 

 

 

 

エミリー 「・・・・そうね、ところでお話はかわるけどシャルル、来年こそは私の家のバレンタインパーティーに来れるんでしょうね?」

シャルル 「まだわかんない、来年の事だし」

 

 

 

エミリー 「毎年、タタミ15畳分のチョコレートケーキに群れるクラスメイトの男子達の姿は見ものだわ喜び棒人間 デコメ絵文字チョコレートケーキ デコメ絵文字棒人間 デコメ絵文字

シャルル 「・・・それはさぞかしアリンコの群れみたいな光景だろうね・・・・汗

 

エミリー 「そうなの、フフフ。是非来年こそはシャルルにもその群れの一員n音譜(ry」

 

シャルル 「・・か・・・考えとくよ・・・・あせるあせる

 

 

 

★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★

 

 

 

エミリー 「今日は暑いですわ、そうだわ、一緒にオヤツでもどう?」

 

シャルル 「・・・じゃ、もらおうかな」

 

 

 

 

 

エミリー 「それじゃ、はい。どーぞ音譜

シャルル 「・・・・・今そのアイス、直にバッグから出さなかった?」

 

エミリー 「キノセイといういうものですわパー

 

 

シャルル 「・・・・・そうかな汗

エミリー 「細かい事は気にせずさあどうぞ、めしあがれ」

 

 

 

 

シャルル 「エミリーちゃんのアイス、きらも好きなヤツだね」

エミリー 「え、星野さんが?・・・じゃ~今度星野さんにm・・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

エミリー 「・・・・・・・・・・・ハッ!(`ロ´;)・・・ああァ、あの娘になんか・・・・、あ・あげるわけないでしょっむかっ

 

シャルル 「・・僕、何も言ってないんだけど・・・w」

 

 

 

 

エミリー 「っ・・・そ・・そうですわネ、ねぇシャルル聞いてあせる星野さんったらホ~ント~~~にドンくさいのですわ、こないだも何もない所でコケそうになってましたしっDASH!

シャルル 「きら、大丈夫だったの?」

 

エミリー 「えぇ、私が咄嗟に手を引っ張ったからケガもなかったのよ」

 

シャルル 「そう、よかった」

 

 

 

 

エミリー 「問題はその後なのですわ、給食の超やわらかプリンに手をつけないまま落としてしまって、床にベッチョリプリップリンなのですわメラメラ

シャルル 「・・・・・それでどうしたの?」

 

エミリー 「どうしていいかわからないでいるドンくさい星野さんの代わりに床を掃除して、そのあと手を引いて給食室に行ったら、休んでいた子のを貰えたのですわっグッド!

 

 

 

 

 

エミリー 「他にも、グループで遊びに行ってパークで貰った風船はいきなり手を放してしまうし、なんてテラドンくさいのかしらあのこったら!」

シャルル 「で、エミリーちゃんが風船を貰いに行ったんだね」

 

 

 

エミリー 「そうなんですのヨ・・・・、あの鬼ドンくさい星野さんの為にわざわざ私が・・・て・・・・えっ・・・?シャルル、どうしてわかりますの?」

シャルル 「エミリーちゃん」

 

エミリー 「なに??」

 

 

 

 

シャルル 「・・・・ホントにきらの事大好きだよねwふっ デコメ絵文字フッ」

エミリー 「・・・・・・・・・」

 

 

 

 

エミリー 「ば・・・っ・・ばかなことぁlおっしゃられてる場合ぢゃないのですわさっ!私はあああ、あんなトロくてドンくさいこ、だいkっきらいですおdふぁごっっごふっ デコメ絵文字むかっ(吐血」

シャルル 「・・・・・そうwクスクス デコメ絵文字w」

 

エミリー 「・・・・・・むかっあせる

 

 

サヤカさん以上のツンデレ現れたしかw(´☣౪☣)フッ・・・

 

 

 

 

 

 

 

ということで。

続くskirt作成、履いてくれますたエミリーちゃん撮影andサルルシャルルさんと雑談ツンデレ劇でっすた。

 

 

えんど。

 

 

゚.+ε(・ω・`*)з゚+.゚ε(・ω・`*)з゚+.゚ε(・ω・`*)з゚

 

 

エミリー、シャルル

 

 

おつかれちゃんでした~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

She only knows the Truth.

 

 

♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:

 

 

ご覧いただき、ありがとうございました♪

 

いつも、いいね!等々ありがとうございます(^ω^)

 

それでは、また~( ̄∇ ̄)ノシリ)))

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

Ichigoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス