木曜日の午前2時。
私は今、千葉県の本八幡駅に居る。

駅はシャッターが閉まり、
ひっそりとしているのに、
駅前のコンビニと吉野家は
人もまばらなのに煌々と光っている。

私は何故、真夜中に千葉くんだりまで来て、
吉野家の中で牛丼を貪る侘しいオッさんの背中を
車の中から眺めているのだろう。

全てはあのバカのせいなんだけどね💢

ここからは備忘録。
長々と書いているので流してください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「帰ります」
幡ヶ谷で飲んでる旦那ちゃんから
メールが来てから1時間経過しただろうか。
そろそろ自宅に着いてもいい頃なのに帰って来ない。



    どこにいるのか?



位置検索をすると、
幡ヶ谷で飲んでたはずの旦那ちゃんが、
各駅停車でも30分もあれば通過出来るはずの
国領駅にいる。


不思議に思って動きを見ていたら、
何故か家とは逆方向の新宿へ進んでいる。
電車に乗っているらしい。



   さては、眠って調布を乗り過ごして、
   府中あたりから折り返したら、
   再び眠って乗り過ごしたというところか。



バカな旦那を起こすべく早速電話をコールしてみる



   反応無し



位置検索で様子を見ていると、
乗ってる電車は時間的に0:22着の本八幡行き。
着実に千葉へと向かっている。


何度もコールするが無反応。
ここまでしつこく何度もコールする感じ。
久々の感覚。なにかのデジャブか?


          チャーリーだな😏


あいつが居眠りで電話に出ない時、
着信履歴が私の名前で埋まるくらい
しつこくコールしたものだ。


位置検索ではすでに明大前。
コールし出して30分は経過。
さすがにここまで起きない事は今まで無かった。
  


     おかしいな?
     何かあった?
     


予想出来るトラブル
①熟睡している。
②鞄を電車の棚に置いたまま降りてしまって、
    鞄だけが電車で移動。旦那ちゃんは次の電車で
    追いかけている。
③脳梗塞か何かで電車の中で意識を失って電話に出ない。
④寝ている間に鞄を盗まれて、本人は警察で調書を作成している。



      ③で無ければいいけど。。。



だんだん私の想像が妄想へと不安が膨らんでいく。。。

あちこちの駅に旦那ちゃんの位置を先回りして電話するも、誰も出ない💢



      駅員何しとんじゃ💢
      電話にくらいでんかいっっ💢



不安と怒りが5:5だったのが、
時間が経つにつれ不安の割合が増えて行く。

焦り出す私を横で娘が心配する。
「ママ落ち着いて。終点に着いたら駅員さんが気付いてくれるよ。大丈夫だよ。」


しかし、もし③だったら?
早く見つけて病院へ連れて行かないと取り返しがつかなくなる。


だんだん私の心を③の最悪な事態の妄想が支配しだす。
明大前で人の出入りの激しい中、
寝ていたとしてもさすがの旦那ちゃんも気付くはず。
ここまで気付かず熟睡するなんて考えられない。
そうこうしているうちに、位置検索は笹塚へと移動していた。



     新宿へ着けば気付くか?



しかし携帯の位置検索は無情にも新宿通過を示している。


 真夜中のリビングに携帯のコール音だけが
虚しく響く。



          絶対何かあった。



嫌な予感に支配されていく。
私がちょっと動くだけでもビクついて目を覚ます
旦那ちゃんが、携帯の振動や、人の乗り降り、
駅のアナウンスでここまで目を覚まさないなんて、意識を失っているか、携帯を持ってないとしか思えない。


私はひたすら携帯と、家の電話、娘の携帯を駆使して沿線上の駅という駅に電話をしまくった。


0時28分
携帯が乗っているはずの電車は、
22分には終点の本八幡駅に着いているはずだ。


固唾を飲んで携帯を見つめていると、
真夜中のリビングを携帯のコール音がけたたましく鳴り響く。



          旦那ちゃんからだ!



「オレなんで千葉にいるの?」



         生きとったんカァーーーーーイ



ホッとすると同時に怒りがこみ上げてくる💢


💢💢💢💢💢💢
「知るか!!ドアホーーーーーーーーーーー💢
   生きとったんか!!!死んだと思ったわ!ボケ
   !!!!寝過ごして乗り過ごしたんじゃアホ!」


すでに「生きていて!!」などという殊勝な妻の願いなどは遥か彼方宇宙の藻くずとなってブラックホールに吸い込まれていた。



「オレのカバン・・・どこ?」



💢💢💢💢💢💢💢💢

「知るか!ボケ!アホ!たこ助け💢
寝とる間に盗まれたか、ボケたお前がどっかの駅に置いてきたんだわ!!
いい気味じゃ!!バーカ!!」


「あれ〜おっかしいなぁ??全く記憶がないんだよね〜。わっはっは!!」


「・・・。
なんもおかしくねぇし💢」



            一生やってろ!



「終電ないや・・・どうしよう(笑)」


この状況で何故半笑い?💢


知らんし。ホテルかマン喫かファミレスで
朝までどうぞ。


「何にもないんだよね〜(笑)」


何にもないって、探す気ねぇだろ💢
まだ駅から出とらんくせに。
探せや💢
やりとりしながらGoogleマップで本八幡駅をググると家から高速使って1時間。


グズグズとカバンが無いだの、財布が無いだの、
記憶が無いだのブツブツ言っている。


電話を切ってやろうと思ったが。
放っておいたら千葉からタクシーで帰って来かねないので、仕方なく迎えに行く事にした。
 

ほんとムカつく💢
だてに車の免許なんて持ってるから、
こういう時迎えに行く羽目になるのだ。



           くっそ〜💢
            免許返納してやる💢



夜の高速をぶっ飛ばし、
千葉へと向かう道すがら、
免許の返納を心に誓ったね。
 

ぶっ飛ばしたお陰で40分で到着。
奴をピックした後は帰路の車中
車の窓をビリビリさせるほど奴を罵倒し続け
地獄の時間を過ごした後、
今年一年間私の奴隷になる事を約束させた事は
言うまでもない。