バブルの時期は、大卒は、普通にやっていればほぼ80%は、

家を所有し、老後を生活するにに、十分な貯蓄を持っていたものだ。

これは、概してなので、すべて…100%ではない。  そう、100%はないのだ。

具体的に考えると、早い時期に、年収は600万円を超え、1,000万円の年収を

維持していた。   

 

そして、貯蓄の一端として、家の購入がある。22歳から82歳までの60年間。

月10万円x12ヶ月x60年間で、7,200万円は家賃を支払わなければなりません。

(とりあえず、資産の条件は、月10万円の家賃としました。)

 

このうち、家を早く建てたり(若いうちに)、リハウスしたり、住宅の延命を図ることにより、

この支出を抑えるのは、所有住宅になりますが、住居の確保の方法として

対処すればいいと思うんですよね?

 

つまり、意固地になってでも、お金の確保をしなければなりません。(大笑)