カタナというバイクは、お金をかけるのに値するバイクだと思っています。
 
まず、エンジンの価値。 今後、出てくるとは思われない空冷エンジンであること。
スズキとして、2世代目の4stエンジンで、設計時期がバブル期のため、
贅沢な造りになっていること。 エンジンの壁に肉厚があり、ダレてこないこと。
3,000㎞程度で、オイル交換を行い、1,000㎞・1万㎞・3万㎞・5万㎞で
マイクロロンを注入して、丁寧に慣らし運転を終えたこと。
 
その一方で、80年代の設計ゆえに、部品のレベルが上がってきたために、
何度かお金を投資した。
一回目。
2010 サーモスタット付きオイルクーラーの装着。(ACTIVE)  180,000    
2010 チタンマフラー。(KFactory)   180,000    
2010 フレーム補強(TNK)    30,000    
2010 マグネシュームホイール(マルケジーニ)  110,000 500,000 500,000
二回目。
2011 ブレーキキャリパーFrontBREMBO) 190,000    
2011 ブレーキラジアルポンプFrontBREMBO) 30,000    
2011 ブレーキキャリパーRearBREMBO) 50,000    
2011 フロントサス・スプリング交換(TNK )    10,000    
2011 リアサス(Ohlins)     180,000 460,000 960,000
その他チョコチョコ。
2015 ETCセット     36,000    
2012 530コンバート     31,000    
2014 スクリーンTNK     14,200    
2016 BEETサイレンサー   84,600    
2017 Moriwakiサイレンサー   35,000    
2017 CR-1      65,000 265,800 1,225,800
2018 MAR ピオ ゼロポイント シャフト   44,320    
  アクラポ サイレンサー   29,200 73,520 1,299,320
お金を投資する価値を考えるかどうか…ですね?
 
正直、HONDA RCV213V-Sは購入を考えましたよ。
2台体制カナ…と。  けど、抽選に外れちゃったから…ナ。(笑)