羽生善治棋聖(39)=名人・王座=に深浦康市王位(38)が挑戦する産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第81期棋聖位決定五番勝負」の第2局が18日午前9時、兵庫県洲本市の「ホテルニューアワジ」で始まった。持ち時間は各4時間の1日指し切り制。

 「時間になりました」との立会人・有吉道夫九段の開始の合図に、先手の深浦王位はしばらく盤上を見つめたあと、▲7六歩と角道を開けた。羽生棋聖は△3四歩と応じ、22手目に△8五飛と引き、先の名人戦で多用された横歩取り8五飛戦法となった。

 この戦形は深浦王位が今月4日の順位戦(B級1組、松尾歩七段戦)で、先手番で経験し敗れている。

 36手目の△7五歩までは昨年の王将戦第7局(先手・深浦-後手・羽生)で戦われている。前例はあるが37手目、深浦王位の▲3三角成が研究の一手で、その後も果敢に桂頭を攻めた。羽生棋聖は40手目の△3六歩以下、反撃を開始した。激しい戦いに突入した。羽生棋聖が48手目を考慮中に、昼食休憩に入った。

 解説の神吉宏充七段は「松尾七段に負けた一局を深浦王位は相当研究したはず。47手目の▲3四桂が勝負手で、羽生棋聖がどう受けるかが注目です」と話した。

最北の映画館オープン=稚内で22年ぶり復活―北海道(時事通信)
福島原発に異常なしと東電=福島地震(時事通信)
尖閣諸島「領有権問題存在しない」 政府が答弁書を閣議決定(産経新聞)
<保険料着服>容疑で代理店元従業員を逮捕 愛知県警(毎日新聞)
副幹事長人事「内閣と党がしっかり連携」 枝野幹事長(産経新聞)
 菅新首相は7日午前、閣僚・党役員人事の概要を固めた。

 新たに党政策調査会長に玄葉光一郎衆院財務金融委員長を起用し、公務員制度改革、少子化担当の閣僚と兼務させることが内定した。国家戦略相に内定していた荒井聰首相補佐官は消費者、経済財政担当を兼務する。蓮舫参院議員は行政刷新相に内定し、岡田外相ら11人は再任する。民主党新執行部は7日に発足する。菅氏は8日に組閣を行い、同日中に国民新党との連立政権を発足させる。

 菅氏は7日午前、都内のホテルで、官房長官に内定した仙谷由人国家戦略相、荒井氏らとともに、党役員・閣僚人事の最終調整を進めた。党幹事長には枝野幸男行政刷新相、国会対策委員長には代表選で菅氏に敗れた樽床伸二衆院環境委員長を充てることがすでに決まっている。

 民主党は7日夕から国会近くの憲政記念館で両院議員総会を開いて役員人事を承認する予定だ。その後、枝野氏らが記者会見を行う。

 蓮舫氏を行政刷新相に起用するのは、行政刷新会議の事業仕分けで取りまとめ役の一人を務めた同氏を新内閣の前面に押し出すことで、参院選に向けて、税金のむだ遣い一掃に取り組む姿勢をアピールする狙いがある。玄葉氏は、男女共同参画や、鳩山首相が提唱した「新しい公共」も担当する。

 参院枠の松井孝治官房副長官は再任する方向だったが、首相官邸の外交機能を強化するため、福山哲郎外務副大臣を充てることが内定した。衆院枠の官房副長官には古川元久内閣府副大臣が内定し、古川氏の後任には平岡秀夫衆院議員を充てる方向だ。

 幹事長代理には、小沢幹事長のもとで党運営の中枢に携わった細野豪志副幹事長を起用する。参院選を取り仕切る選挙対策委員長には安住淳衆院安全保障委員長の起用が内定した。安住氏は小沢氏と距離を置いており、選挙戦略でも「脱小沢」が進む可能性がある。このほか、副代表に山岡賢次国対委員長と石井一選対委員長を充てる。石井氏は、菅氏が本部長となる参院選対策本部長代理を兼務する。

密林に赤いランドセル…戦没者、いかに慰霊するのか(産経新聞)
SAPPHIRE、Radeon HD 5550グラフィックスカード2製品を発売
位置ゲー コレクター心理刺激 ハマるGPS携帯ゲーム(毎日新聞)
鳩山内閣が総辞職 退陣会見は行わず(産経新聞)
<学力テスト>調査検討の専門家会議を発足 10日に初会合(毎日新聞)
 WHO(世界保健機関)メディカルオフィサーの進藤奈邦子氏は5月28日、厚生労働省の「新型インフルエンザ対策総括会議」でプレゼンテーションし、英国などでは昨年春に流行の第一波を迎えたが、日本では春の急速な感染拡大がなく、秋まで第一波が来なかった理由について、「大英断で一斉に実施した初期の学校閉鎖が、国としての流行曲線に影響したのではないか」との見方を示した。

 これに対し、国立感染症研究所感染症情報センターの谷口清州第一室長は、休校を実施しなかったフランスなどでも、日本と同じように春の急速な感染拡大がなかったと指摘。進藤氏は、「(発生初期の)フランスでは学生の患者がほとんど出ていなくて、旅行者から出ている状況だった。5月の神戸のような状況は、フランスでは起こっていなかった」と説明した。一方、英国での患者はメキシコから帰国した若者が多く、そこから学生に流行が広がったとして、「学校での集団発生から本格的な流行が始まる」と強調した。

 その上で進藤氏は、休校に関する各国・地域のデータを紹介した。それによると香港では、休校からそのまま夏季休暇につなげた結果、25%の感染減少が示唆された。ただ米国で、子どもの面倒を見るために仕事を欠勤した場合の影響を分析した結果、4週間休校を実施すると、103億-471億ドルの直接的な経済コストがあった。

 日本で新型インフルエンザの国内発生が初めて確認されたのは昨年5月16日で、神戸市の高校生だった。その後、小中高校生を中心に兵庫県、大阪府で感染が拡大したため、厚労省は同18日から23日まで全域の小中学校を休校にするよう両府県に要請。これ以降、流行は急速に収まった。

■迅速診断キットは「信頼していない」
 進藤氏はまた、インフルエンザの簡易検査に使われる「迅速診断キット」について、「メーカーによって感度が違う。わたしたちの調査では30-70%で、平均すると50%だった」とした上で、「確定診断としては信頼していない」と述べた。
 推奨する使用方法としては、呼吸器疾患の患者が多発している際に、30人程度の患者に使用して10人程度が陽性と判明すれば、治療方針を決定できると説明した。


【関連記事】
低い死亡率、少ない妊婦患者―新型フル、日本は特異?
新型インフル対策の検疫、休校で議論―厚労省総括会議
休校で「急速な拡大は防止できた」―厚労省
迅速診断キット、豚インフルでの確実性は不明―感染研
簡易検査「陰性」でも「簡単に否定すべきでない」

ぜいたく品を北朝鮮に輸出 鳥取、容疑の業者捜索(産経新聞)
<放送法改正案>修正案可決 与党、衆院委で採決強行 与野党の対決色強まる(毎日新聞)
未収金対策事業「そもそも論から考える」―長浜厚労副大臣(医療介護CBニュース)
東国原知事「日本の畜産守るため、断腸の思い」(読売新聞)
連立解消を、閣外協力も×…社民沖縄県連(読売新聞)