OBGY・「美」へのこだわり

震災から1年
いろんなことがありました。

そんな私も2012年3月3日、無事に結婚式を挙げることができました。
2014年11月息子が誕生、2015年4月に職場復帰し、現在働くママ真っ最中で、毎日奮闘中!!!


テーマ:
人気のある産婦人科とかは4ー5週で受診しないと、分娩枠がうまっちゃうなんて、最近はよくある話です。

では人気のところとは?

無痛をやってる
母乳に力をいれていたりBFHとってたりする
きれい
ごはんが美味しそう
個室がたくさんある 
上の子も一緒にいられる

など、色々あります。


が。
インターネットで上位だからって必ずしも誰にとってもいい病院ではないってことはきっとわかるとは思うのです。


出産に何を望むか

自分が気持ちよく過ごしたい?
きれいなところで、美味しい料理で、個室で、アメニティも揃ってて…

それが1番望むこと??



私は、どんな場所で産んでも正直いいと思っています。
最低限の安全を守っているなら。
最低限の安全守ってなくても
分娩は8割はうまくいくんです。


私は産婦人科医だから、どこを選ぶって時に、ここがいいんじゃない??って知っているところをいくつか提示できますが…例えば歯医者さんを選ぶときなんて、とんで素人。

インターネット検索して、口コミみて、良さげなところ探すしかないんですよね。。。でも、実情はわからない!!


だからこそ。
私が産婦人科を選ぶ基準をすこし紹介しようかと。


周産期を専門としているドクターが常勤でいる
NICUがあるならあった方がよい
なければ、近隣のNICUの事情をきく
麻酔科、小児科医が当直している
首都圏近郊の病院であれば、7人は産婦人科医がいる病院がいいな
(私の出身の田舎なんかでは絶対無理だが…)


病院だといつ分娩があってもいいように、院内に1人は産婦人科医が必ず24時間いるようにしているところが多いけど、数人しかいないとか、1人でやってるとか、そういうところもあって、そのような場合は、なにかあれば家から駆けつけるということになります。
わたしなら、産婦人科医が必ず当直してるところがよくて、さらに、人数すくないと、当直回数増えて疲弊するから、週1くらいで回せるところがいいとおもう。


あとは、オプション。
そこは正直私はどうでもよい笑


私は今の上司をものすごいものすごい、尊敬し、信頼してる。
自分に何かあったとしても、この人の判断だったのなら仕方ないと思えるくらい信頼してる。

こんな人に出会えたなんて奇跡とも思う。

しかも、そんな上司が私にはいっぱいいる笑

医師と患者の間に
そんな信頼関係を作れたら最高なんだけど

たった10ヶ月の間…
しかも、元気に産めることが当たり前と思っている患者さんと…

そこまで深い関係になれないのは当たり前ではあるけど…

私はどの1つのお産も特別に思っている。
当たり前と思われてる新しい命の誕生を、これからも、私は、精一杯、当たり前と思っていてもらえるように努力する。
ひやひやしたり、こっちの寿命が縮まったり、冷や汗で術衣ぐちゃぐちゃになったり、トイレで泣いたり、どたばた走り回ったり、麻酔科に怒られたり、小児科に怒られたり笑

でも、それが幸せだとおもうんです。
当たり前に安全なことが。


当たり前の安全を提供してくれる病院を、きちんと選んで
すこしでも多くの幸せなお産がありますように。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

YUNさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング アラサー女子ジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。