髪のダメージ

テーマ:

ダメージのある髪の毛は きれいに見えにくいので

とにかく 傷めないように心がけて仕事をしています。

 

まずは傷めないように

 

どうしてもと おっしゃるなら できるだけ傷めないように

 

傷んでいて お手入れが難しいなら

 

あまりそういうことはないのですが

 

短くすることで ダメージ部分をなくすように

 

おすすめします。

 

傷めないようにできる仕事は いくつかご用意しております。

 

パーマは ほぼ髪に負担はかかりません。

 

カラーは どうしてもダメージが残りやすいのですが

マニキュアやヘナやHCカラーで 対応できることもあります。

 

美しく見せるために とにかく傷めないように心がけております。