何度も何度も大喧嘩し

 

泣いて叫んで

 

苦しんできた数カ月。

 

 

主人と娘

 

二人が顔を合わせると喧嘩になり

 

ここ数カ月

 

家族が泣いて叫んで苦しみました。

 

 

 

 

主人に面と向かって

 

「気持ち悪い。」

 

「嫌い。」

 

「しゃべりたくない。」

 

と言い続け、

 

そのたびに主人が本気で娘に接し

 

大喧嘩した我が家。

 

 

 

主人が休みになると

 

二人の喧嘩が始まり、

 

そのたびに2時間も費やし

 

 

とても受験生の家とは思えない状態の

 

我が家も

 

 

やっと、やっと

 

娘に伝わったかな?

 

と思えるときがきました。

 

 

 

 

 

案の定始まった喧嘩

 

 

娘の「受験生は何をやっても許される。」

 

と思っているような

 

 

態度

 

 

発言。

 

 

最近は度を越しており

 

 

主人が普通に話しているときでさえ

 

 

鼻で笑い、

 

 

主人を馬鹿にしている態度をとるので

 

 

 

主人と私

 

 

二人して

 

 

娘の根性を叩き直しました。

 

 

 

我が子とは思えなかった。

 

 

娘がこんなひどい人間だと思わなかった。

 

 

 

 

 

(主人と私)18年一緒にいても

 

喧嘩はするし、まだすべてを分かりあえていないよね

 

みたいな会話を主人としていました。

 

 

そしたら娘がいきなり話に入ってきて

 

私はママと15年一緒に居て

 

18年いるパパと変わらないだのなんだの・・・

 

 

娘の挑発的な態度。

 

 

 

それから、主人が

 

18年一緒にいるんだよなぁと言ったら

 

 

鼻で笑う感じで

 

(パパと18年も一緒に居てママ)

 

 

 

かわいそっ

 

と言ったんです。

 

 

 

これには私も主人もブチ切れました。

 

 

 

 

 

 

そこだけの会話だけじゃなく、

 

それまでも主人に

 

「気持ち悪い、しゃべりたくない。」だの言って、

 

不穏な空気を作ってからの

 

この言葉。

 

 

 

 

私が主人なら、ぶん殴ってる。

 

それくらい、

 

娘の態度は主人をなめていました。

 

 

 

 

でも、主人と約束していて

 

 

主人は娘に手を上げない。

 

 

この約束は必ず守っています。

 

 

なので、

 

主人は興奮しながらも

 

 

 

「ママ、俺は殴らないから

 

俺の代わりに殴ってくれ。」と自分を抑えていました。

 

 

私も娘のほっぺを殴りたかった。

 

根性を叩き直したかった。

 

 

 

でも、出来ない。

 

殴ったところでこの子は何も変わらないし、

 

逆に心を閉ざしてしまう。

 

 

 

だから、私達の前に

 

正座をさせました。

 

 

 

どれだけ、自分は偉い存在なの?

 

なんで、こんな態度をとるの?

 

 

私達夫婦は娘の心の声を聞こうとしました。

 

 

二人とも興奮していましたが、

 

 

娘が心を閉ざす前に

 

私たちなりに娘と向き合いました。

 

 

 

まったく話さない娘。

 

 

 

私が一方的に話しました。

 

 

 

「何故、パパにそんな態度をとるのか?」

 

パパ、あなたに何かしたの?

 

今、性的虐待もあるけど、

 

そんなことされたの?」

 

 

 

娘「されてない。」

 

 

「虐待されていないのに、

 

顔を合わせるのも嫌って

 

何で?」

 

 

 

娘「分からないけど、嫌だ。」

 

 

 

 

「でも、面と向かって言わないでほしい。

 

傷つくんだよ。

 

嫌とか、しゃべりたくないとか

 

パパ、ものすごく傷ついているんだよ。」

 

 

 

娘「知らなかった。パパが傷ついているなんて。」

 

 

 

「ロボットじゃないから、心があるんだよ。

 

親でも傷つくよ。

 

とくに、娘に言われた言葉が一番傷つくんだよ。」

 

 

 

 

「あれだけ嫌だの、嫌いだの言ってたら

 

パパも出ていけって言うよ。

 

パパはママも死んでしまって、

 

頼れる家族がいない。

 

今、自分で作った家族を大事にしようと思っているの。」

 

 

「何度もいうけど、

 

お互いが気持ちよく暮らせるような家族でいようよ。

 

日曜日のたびに喧嘩して

 

ののしって

 

相手を傷つけて、パパはどこで休めばいいの?」

 

 

「平日も一生懸命働いて、

 

休みにゆっくりしたいのに、娘から嫌いと言われ

 

どこで休んだらいいの?」

 

 

「仕事をしてない、賭けごとで家の金を持っていくなら

 

娘に嫌われても仕方ないのかもしれない。

 

でも、平日一生懸命仕事して、

 

娘に挨拶しただけど、キモイって言われる身にもなってみなよ。」

 

 

「パパは別に、あなたと一緒にたくさん会話をしたいと願っているのではなく

 

(本当は願っているのだけど)

 

ただ挨拶だけしたいと言っているだけだよ。」

 

 

「何がそんなに難しいの?

 

高校生活、生活が苦しいから新聞配達しないいけない

 

とかそういう事情があるなら

 

親に反発してもいいけど、

 

今のあなたの生活、美味しいもの食べて、欲しい服買って

 

一人部屋でゆっくり眠れて、

 

嫌なことは嫌という。

 

 

何がそんなに気に入らないっていうの?」

 

 

 

「今までやってきたスポーツ

 

その中で教えてもらったコーチの言葉

 

あなたは何も身に付いてないの?

 

 

今ここでバレーボールが出来るのは

 

親のおかげでもある。

 

感謝してね。という言葉

 

覚えていないの?

 

あなたにバレーボールをやれる環境を作ってくれたのは

 

パパなんだよ。

 

パパが仕事してくれているから、私がサポート出来た。

 

私だけの力ではなにも出来なかった。

 

経済面、精神面で

 

私をいつも支えてくれたのはパパなんだよ。」

 

 

「お金に限っては

 

大事な友達に頼るわけにいかない。

 

あなたに親友がいて、あなたが100万円どうしても

 

必要な時

 

その100万円を惜しみもなく出せるのは

 

親しかいない。

 

親とはそういう生き物。」

 

 

「最後の最後に手を差し伸べるのは親だけかもしれない。

 

私の考えであって

 

それは違うのかもしれないけど、私はそう思って生きてるよ。

 

あなたをずっと守っていくし、

 

パパもそう思っている。

 

自分の命よりもあなたの命が大事!」

 

 

ひたすら、しゃべりました。

 

最後の方から、娘の目の色が変わってきたかな?と思いました。

 

 

バレーボールのコーチのあたりの話から

 

娘の心が動いてきたと感じました。

 

 

 

娘「何でか分からない。

 

パパだけではなく、すべてのおじさんが嫌い。」

 

 

 

そう娘は言いました。

 

 

 

娘の心が動いた瞬間

 

これからは大丈夫だ。と思いました。

 

 

 

今までのような態度はさすがにとらないだろう。

 

 

娘が最後に

 

「受験のストレスが半端ない。

 

苦しくてたまらない。」

 

「自分ではどうしようもない。」

 

 

娘の心の声を聞けました。

 

 

その苦しみが娘を苦しめていたんだね。

 

娘を抱きしめて

 

「大丈夫だよ。」と何度もいい

 

頭を撫でました。

 

 

 

 

受験生、最後のひと踏ん張り。

 

 

親もひと踏ん張り。

 

 

娘の苦しみを少しでも和らげれる存在でいたい。

 

 

家族のみんな安らげるそんな家族を作りたい。

 

 

ものすごく難しいことだけど、

 

 

今の私にできることを少しずつやっていこう。

 

 

 

家族の太陽。

 

そんな存在には程遠いけど、

 

みんなを笑顔で包み込みたいな。

 

 

娘っち、誕生日に買った時計を持って→
 
私立受験を受けに行きました。
 
 
この時計、画像でみたよりも
 
実物はものすごく可愛かったです。
 
娘も大喜び。
 
金額は6814円でした。
 
 

 

 

 

 

 

試験当日はお弁当でした。

 

 

 

そして、娘の大好きなかぼちゃのスープを

 

朝ごはんに出しました。

 

 

 

 

カボチャをゆでて、

 

少しお弁当用に煮物を作って

 

 

残りは鍋に入れ、牛乳たっぷり&コンソメ

 
簡単だし、娘のテンションが上がるので
 
 
一石二鳥ですニコちゃんウインク
 
 
娘さん、朝起きて、
 
 
嬉しいとピョンピョンはねておりましたジャンプジャンプジャンプジャンプ
 
 
 
娘のこういう姿を見ると
 
次もまた頑張ろうって思えます。
 
 
母とは喧嘩ばかりだし、
 
他の家庭よりも過干渉過ぎる親を持ち
 
叱られる回数が多い娘。
 
 
 
とくに、主人の爆弾の数が
 
他の家庭よりも多いように思います。
 
 
 
娘の・・・
 
受験生は何しても許されると思っている
 
かのような怠けた態度
 
(好き勝手している)
 
 
 
 
主人は、それに振り回されている私を見かねて
 
私の代わりに娘を叱り
 
ものすごく逆効果な事をしています。
 
 
もうね・・・
 
母と娘なんてね、
 
喧嘩する生き物なんだから
 
放っておいてくれていいんですよ。
 
 
 
お互いに愚痴言って
 
それで満足しているだけなんだから。
 
 
その愚痴を俺が解決するって
 
娘に叱るものですから、事が大きくなって
 
 
あいつは俺を舐めているとかの話になって
 
私が娘をかばうと
 
私にまで火の粉が飛ぶんですよ。
 
 
 
私の為に(私の威厳の為に)
 
主人が一肌脱ごうとしてくれているのは充分
 
わかっています。
 
 
 
でもね、そっとしておいてほしいのが本音。
 
 
 
最後に、私が娘をかばって
 
その態度に納得いかなくて
 
母と娘の喧嘩が
 
夫婦喧嘩になってしまうんですしゃきんうるうる
 
 
 
そう、また昨日ね、
 
同じ事が起きてね、
 
ディズニー行かないって事になって・・・
 
娘も公立受験控えているのに、
 
大泣きしてね・・・
 
 
 
もう、我が家はひっちゃかめっちゃかでしたあ゛ぁ゛っあ゛ぁ゛っ
 
 
 
世間はバレンタインなのにねうるうるうるうる
 
 
 
チョコは用意したんですがねガーン・・ガーン・・複雑複雑
 
 
 
 
 

 

 

娘と主人の喧嘩があり

 

バタバタしていて忘れていたことがあります。

 

 

16回目の結婚記念日、忘れていましたガクブル

 

 

 

祝うこともなく、忘れられたまま終わりました。

 

 

私にとって子供の誕生日はすごく大事ですが、

 

結婚記念日はどうでもいいのかもしれません。

 

 

主人に至っては、私の誕生日ですら忘れる人なので

 

そして、子供の誕生日ですら忘れる人ガックリガックリガックリ

 

 

なので

 

結婚記念日ってなんぞや?って思っているでしょう。

 

 

釣った魚に餌をやらないタイプです悩む

 

 

 

結婚式の時にもらった

 

どでかいキャンドルの火を灯して

 

二人見つめ合いながら結婚記念日を祝いたいと

 

思っていた若かりし頃の私。

 

 

子供が生まれたらそんな時間は皆無だったし、

 

最初にできないことは、その後に続かないので、

 

お祝いは16年間一度足りともしておりません。

 

 

 

なので、妻の為に花束を買って帰るという

 

旦那さんは本当にいるのかな?

 

と首をかしげてしまいます。

 

 

 

でも、主人にそんな事されたら、

 

「(私になんかに)もったいない。」って

 

言葉が出ちゃいそう・・・。

 

 

 

私たち夫婦はケチなので

 

基本、必要なもので(実用的なもの)

 

しのぎたいタイプ。

 

 

 

新婚当初、誕生日プレゼントを渡し合っていましたが、

 

最後の辺りは、そのお金さえもったいないと

 

思うようになりました。

 

 

 

 

一番衝撃的だったプレゼントは

 

私の誕生日前に納車された

 

新車でしたポーンポーン

 

 

これ、家族で使う車だし、

 

私のものになってないじゃん!(所有者は主人)

 

 

 

主人に言うと・・・・

 

誕生日前に納車された新車音譜

 

 

 

最高の誕生日プレゼントになったね!!

 

だって。

 

 

 

真っ赤なフィットちゃんが私の誕生日プレゼントになりました。

 

 

私は、主人らしいやって笑って

 

誕生日を過ごしましたが、

 

この一件をもちまして・・・

 

お互いに誕生日プレゼントを渡すのは廃止となりました苦笑

 

 

 

こんな似た者夫婦、

 

出会って18年目となります。

 

 

 

主人へ

 

苦しみばかりの道のりだけど、

 

年寄りになった最期の時は笑えるようにしようね。

 

これからも何とぞ宜しくお願いしますキラキラ

 

 

 

 

 


育児・女の子ランキング