男女の違いで分担 | みんなの食育

みんなの食育

料理教室を通し、食の視点から感じることを発信しています。
身近な食を大事にできる、母になりましょう。


テーマ:
やる気を最後まで継続するために、ひとりひとりのモチベーションの保ち方を見極めて作業を振り分けています。

男の子は、手順を聞くことが苦手な場合が多く、自分なりにやってみたい子が多い。

女の子は、しっかりとやり方を示した方が安心してその通りに出来ます。
{0B4B573C-A93B-4424-AD20-BD1141B96760}

感が良い子は、やりながら「これだ!」という瞬間があるので、それだよと声をかけます。
慎重にやりすぎて、力が入っていると中々ポイントがつかめないこともしばしば。そういう時はしばらく同じ事を繰り返し、最後まで投げ出さないことを目標にします。

{54B55478-C6E5-40CD-9BFB-443D2721A0BB}

最初は切り物。
刃物を扱うというのは、怪我もするし、怪我もさせるということを口すっぱく言い、食材の繊維や硬さに合わせて確実に切っていきます。
{2DBBB808-C45F-4307-9708-235098B2FA03}

次に計量、タレなどを作ります。
だいたいどれくらいの量が何グラムになるのか、予想しながら計ります。
最初はわからないので、おそるおそる少しずつ計り、だいたい最後に少しオーバー。
この計量が意外と時間がかかるところ。
小さい子になると、集中力が続かず計っている途中で、他の子のことに気をとられ、どこまでやったかわからなくなることも。

料理は、細かい作業の積み重ねなので、ひとつひとつ頭を切り替えつつも先を見通すことの練習がたくさんできます。
{E343F4E0-590A-4DE7-AD95-908ED9631E72}

こういう包んだりは、女の子の方が好きなことが多い。
{F1D63E41-F67A-4CFF-9D30-C5F4D257FEED}

{31199DB6-46E3-4172-96B9-56193D46F5CC}

力を使ったり、火を使うのは男の子が好きです。
型にいれて、盛り付けは女の子。
{747E53AF-B98E-47FB-936B-5529D3FEF83F}

慣れてくると、色々なことに差はなくなりますが、基本的に危ないことを避けて確実なことをする子と、危ない、出来なそうだからやってみたい子が2通りいます。
{94F5A793-1439-41CF-92D2-A1271A0282A9}

みんなの輪が出来てくると、掃除もみんなでワイワイやるようになります。
そこに、ちゃんとやって!っと仕切る役割の子も必ずでてくる。

教える側、教わる側とわかれるのでなく、みんなの持ち味を生かすのが子どもはとっても上手。

逆に先生に質問してばかりで動かない子は、ちょっと今後が心配です。
子どものうちに、たくさん失敗して、自分の力にしていける子が増えたら楽しいだろうなと思います。





カレントオブエヌさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス