ざっくり解説パソコンの選び方 Pt.4【HDD・その他編】|京都の格安PC教室 キュリオ西院店 | キュリオステーション西院店 教室ブログ

キュリオステーション西院店 教室ブログ

京都市右京区西院の阪急西院駅近くにあるパソコン教室です。パソコン資格のMOSをはじめ、日建学院公認スクールだからこその豊富な講座があなたをお待ちしています。宅建・日商簿記・公務員・FP・ケアマネジャー・土地家屋調査士・営業力・SPI対策講座等


テーマ:

皆さまこんにちは。

 

キュリオステーション西院店 スタッフの田中です。

 

すっかり肌寒くなり、朝晩は上着が手放せませんね。

キュリオ西院も、これから年末に向けて多忙な皆さまのご要望にお応えしていく次第ですが、

私もそんな中で風邪などひかないようにしっかり気を付けたいものです。

 

 

さて、話は変わりますが、これからの時期はパソコンの買い時です。

パソコンメーカー各社は、ちょうどこの時期に秋冬モデルを発売します。

その最新ラインナップから選ぶのもいいのですが、それに加えて注目なのが、

先に発売された春夏モデルとそれ以前のモデルです。

 

新商品が発売されると、前のモデルは必然的に値段が下がるので、

以前は我慢していたあの商品を手に入れるチャンス!

あるいは、最新ではないものの一つや二つ前のモデルであれば、能力的に最新のものと

遜色ない商品が手ごろな価格になりますね。

 

 

そのあたりを狙い目に賢い買い物をしたいという方にも、この時期は最適なわけです。

 

 

 

 

ということで、今回は、シリーズとしてお届けしている「ざっくり解説パソコンの選び方」

の、最後となりますパート4をお届けします。

 

過去のパートは↓こちらをご参照くださいね。

ざっくり解説 パソコンの選び方 Pt.1【ノートorデスクトップ編】

ざっくり解説 パソコンの選び方 Pt.2【メモリ編】

ざっくり解説 パソコンの選び方 Pt.3【CPU編】

 

 

 では、今回は【HDD・その他編】ということですが、まずはHDDから。

 

ストレージについて

 

さて、パソコンを選んだことのある方ならこのHDDという言葉、目にしたことがあるのではないでしょうか。

HDDとは、「ハードディスクドライブ」の略で、一般に「ハードディスク」と呼ばれます。

ハードディスクはストレージという分類で呼ばれ、ストレージとはデータを記憶し保存する場所のことです。

つまり、以前のパートでご紹介したメモリの働き、CPUの働きに対し、ストレージは引き出しや本棚のような

データを保管するメインの場所と捉えていただければ関係性がお分かりいただけるかと思います。

 

 

ストレージは、画像や動画、作成したWord・Excel等のファイルをはじめ、多くのデータを保管するため

USBメモリなどのように数十GBどころではなく膨大な容量が必要になります。

 

が、そもそもほとんどのパソコンは何百GBというサイズのストレージを積んでおり、

普段から特別保存するファイルの数や大きさがビッグサイズでない限り困ることはありません。

長く使っていればそれなりにファイル等もたまってくるため定期的にデータのバックアップが必要ですが、

購入する時点で、特別貧弱なストレージを積んだパソコンというのはそうそうないので、

普段使いなら200~300GBほどあれば十分、500GB以上あれば理想的、1TBあればかなりの容量のファイルを

保管可能だとお考え下さい。

 

↑はデータ容量の単位とおおよその目安です。

 

 

HDDとSSDの違い

ストレージには、HDDSSDの2種類があります。

SSDとは、「ソリッドステートドライブ」の略で、HDDと主に同じ役割を果たしますが、性質が違います。

両者の違いについて簡潔に触れておきます。

 

HDD

ハードディスクドライブは、”ディスク”です。

磁気の円盤が中で回転し、データの読み書きを行います。

そのため、衝撃・温度変化・湿気・磁気に弱く、特に衝撃と温度はHDDの故障の主たる原因となることが多く、パソコンの置き場所や扱いは注意が必要です。

その代わりSSDと比較して容量当たりの価格が安く、その分同じ価格帯のSSDを積んだパソコンよりもHDDのパソコンのほうが容量が多いわけです。

 

 

SSD

SSDは、中身が基板です。

電気信号で処理するため、HDDのように中で物理的に動いている部品は含まれません。

そのため、衝撃などによる物理的故障が比較的少なく、HDDほどはデリケートではありません。

さらに、データの読み書きが早く、OSの立ち上がりがスムーズなため、パソコンの起動時にHDDとの違いをはっきり感じ取ることができます。

デメリットとしては、やはりHDDと比べて高いこと。

今や500GB~1TBが主流のHDDに対して、SSDは250~500GBが主です。

あとは、HDDは故障の前兆として「キッ・・・キッ・・・」という異音がなることがありますが、SSDは何の前兆もなく突然故障することがあります。

 

 

 

どちらも一長一短ですが、今のところは安価で容量も大きいパソコンを選ぶなら必然的にHDDになります。

衝撃に弱いとはいえ、テーブルの上からや持ち運び中に落としたりしない限りは物理的に壊れることはありません。

一方、快適さを追求するのであれば断然SSDということになります。

 

 

その他

ここまで、

  • ノートかデスクトップか
  • メモリ
  • CPU
  • HDD

について、パソコンの選び方という観点でお伝えしてきました。

 

最後は、どのメーカーを選べばいいか

パソコンに入っているソフト

 

についてお伝えしたいと思います。

 

パソコンのメーカー

パソコンメーカーに関しては、単純比較は難しいですが、各メーカーの特徴、最近の傾向

についてご説明しようと思います。

 

パソコンメーカーは調べ上げればまだまだたくさんありますが、家電量販店など市場に多く出回っているパソコンはだいたいこんなところです。

 

一昔前は「国内メーカーの方が作りが丁寧で、安心できる」という風潮がありましたが、

今やそれも過去の話、海外メーカーも力をつけ、高品質なものを販売するようになったうえ、国内メーカーのパソコンの部品には海外で作られた部品が使用されている事実は否めません。

 

ただしまだそれでも、国内メーカーはサポートの手厚さの面で優っていたり、海外の安価なパソコンは未だ「壊れやすい」という評判を完全に脱したわけではないので、どちらのメーカーも一長一短といったところだと思います。

 

さて、能書きは良しとして、簡潔に各メーカーについてまとめました。

 

 

ただしこのあたりの評価は、私が今までネットや雑誌で見た記事、そして私自身の経験則を基にした独断と偏見も含まれるため

これらのメーカーのすべてのパソコンがこの評価に当てはまるかといえばそうとは限らないことをご理解の上ご参照ください。

 

 

付属ソフト

最後に、パソコンにあらかじめ付属しているソフトについてご説明しておきます。

アンチウイルスソフト

ウイルス対策ソフトとも言いますが、これはパソコンには欠かせないソフトですね。

パソコンによっては、無料期間が設けられたアンチウイルスソフトが入っていますが、それを使う場合はうやむやにせずに

しっかり初期設定を済ませておきましょう。

無料期間終了後、引き続き有料で同じソフトを使う場合は改めてソフトを購入し、更新。

新たに別のアンチウイルスソフトを入れる場合は、それまで使っていたアンチウイルスソフトをアンインストールの後

新しいアンチウイルスソフトをインストール。

 

オフィスソフト

ワードやエクセルがどのパソコンにも入っていると思っておられる方も少なくないようですが、全くそんなことはありません。

ワードやエクセルが入っていないパソコンもたくさんあります。というか入っていないパソコンのほうが多いです。

入っていない場合は、あとからソフトを単体で購入してインストールすると使えるようになりますが、

元々入っているパソコンに比べて当然割高になります。

また、ワード、エクセルなどマイクロソフトオフィスに似せたソフトもあり、それが付属したパソコンもありますが、

それは類似品であり似て非なるものです。

 

↓キングソフトのロゴ

 

↓マイクロソフトオフィスのロゴ

 

代表的なものではキングソフトオフィスというものがあります。

お仕事で使う場合やマイクロソフトオフィスを求めている場合は、キングソフトオフィスで妥協するのはやめましょう。

実際使ってみて後悔する可能性があります。

 

 

 

まとめ

パソコンを始めてみようという方で、一番多いご質問がやはり「どういうパソコンを買えばいいか」です。

全4回(Pt.1Pt.2Pt.3、Pt.4)にわたり、その疑問の参考になればと、なるべく簡潔にまとめてまいりました。

いかがだったでしょうか。

 

パソコン購入の一番の判断基準は、「欲しい時に欲しい機種を買う」です。

たとえセールでなくても、欲しい時は必要な時です。

たとえ周りが欲しい機種と別の機種をすすめてきても、欲しい機種が自分に一番マッチした機種です。

この記事が、数あるパソコンの中からそのほしい機種を欲しいタイミングで選んでいただける一助になれば幸いです。

 

 

 

 

キュリオ西院は、パソコンの使い方を学んでいただくところですが、

こういったパソコンの選び方のご相談、また、販売・初期設定なども承っております。

遠慮なくお問い合わせくださいませ。

 

TEL 075-874-5768
【月~金】10:00~20:00
【土曜日】10:00~17:00
【休校日】以下カレンダーをご参照

       

キュリオステーション西院店
〒615-0011
京都府京都市右京区西院東淳和院町27
ヴィラツインクル 2階

ホームページはこちら

キュリオステーション西院店 日建学院公認スクールさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります