リブレのアレルギー反応 | 息子の1型糖尿病と上手に付き合いたい

息子の1型糖尿病と上手に付き合いたい

1型糖尿病園児の日常。北米在住。


テーマ:

昨日の夜、息子が寝ている間にリブレのセンサーを付け替えて、朝起きて「かゆーい!」とボリボリ掻き始めました。

 

結果、腕全体と脇、横腹、耳、顔面半分が真っ赤になってブツブツが…。 熱を帯びています。

 

以前もカユカユになって、小児科のかかりつけ医に連れて行きました。

「腫れてなかったら大丈夫。これは汗疹だね」と。

 

でも今回はセンサーをつけた途端に広範囲にあっという間に反応が出たので、「こりゃマズイ」と休日診療をしている掛かりつけ医系列のクリニックを探しましたが、日曜日の午後は休診でした。

 

なので1型糖尿病の専門医(毎日24時間対応)に電話すると、「リブレはまだカナダに入ってきたばかりで使っている子供が少ない(そもそも本来は子供は使用できない)。リブレで痒みやアレルギー反応が出たとの報告は一切聞いた事が無い」と。

 

「私は日本出身で、日本では今現在、リブレが保険適用で唯一認められているFGMであり、たくさんの人が使っています。多くの人が痒みを訴えてるんです。」と伝えたら、「そうなんだ、じゃあ反応が出やすいのかもね」と親切丁寧に対応してくれました。

 

次の症状のいずれかが出たら、センサーを外してすぐに病院へ行きなさいと言われました。

 

- 息ができない

- 舌が腫れる

-  下痢

 

今の息子の症状は、「発疹、赤み、痒み、肌が熱帯びている」なので、医者のアドバイス通り、家にある抗ヒスタミンシロップを飲んで対応しました。

 

その後、薬局へ行って症状を話して、抗ヒスタミンクリームも買ってきました。 同じ抗ヒスタミン薬でもクリームとシロップ、どのように使い分けたら良いかと聞いたら、シロップは患部が広い場合、クリームは一部の場所しか症状が出ていない場合だと…。

 

怖かったのは、顔面にも症状が出ていて、それを薬剤師さんに話したら、「それだと喉にも症状が出る可能性がある。喉にアレルギーが出ると息ができなくなるから、今はシロップで対応するべき」と言われました。

 

ちなみに家に常備していた抗ヒスタミンシロップには糖分がほとんど入っていないそうで、飲んでも血糖値に影響は無いと言われました。

 

火曜日に3ヶ月ぶりの通院があるので、写真を撮って主治医に見せるよう、今日のドクターに言われました。 今回から新しい主治医で、CGMのスペシャリストだそうです。 なんて言われるかなー、リブレやめなさいと言われるとキツイな…。 

curetype1diabetesさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス